難防除害虫に有効な天敵微生物の検索

閲覧数: 10
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

難防除害虫に有効な天敵微生物の検索

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A SEARCH OF MICROBES PATHOGENIC FOR DIFFICULT-TO-CONTROL INSECT PESTS
責任表示:
大庭 道夫(九州大学・農学部・助教授)
OHBA Michio(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1998
概要(最新報告):
1. 円形のparasporal inclusionを産生し,鱗翅目幼虫に特異的な殺虫活性を示すBacillus thuringiensisの5菌株(serovar fukuokaensis 3株,serovar sotto 1株,serovar galleriae 1株)のデルタ内毒素遺伝子の塩基配列を調査したところ,すべて同じ配列を有しており,この蛋白質はCry_9に属する新規のデルタ内毒素であることが,明らかとなった。 2. わが国から分離された1713株のB.thuringiensisのコナガ(Plutella xylostella)幼虫に対する殺虫活性をしらべたところ,609株(35.5%)に強い活性が見られた。このうち605株はH血清型1〜10に属していた。serovar kurstakiおよびaizawaiに所属しない5菌株(serovar sumiyoshiensis 2株, serovar fukuokaensis 1株,serovar canadensis 1株,serovar morrisoni 1株)を選んで デルタ内毒素を調べた結果,morrisoniの1菌株を除く残り4菌株すべてがCry9Dを産生することが明らかとなった。 3. 南極大陸のリュツォ-ホルム湾沿岸の土壌および植物からのB.thuringiensisの分離を試みた結果,本菌の分布は確認できなかった。 4. ブラジルの養蚕農家で発生した病蚕から分離された微胞子虫の性状を調査したところ,大型および中型の胞子を形成する分離株はNosema属に同定されたが、N.bombycisとは明らかに異なった。また小型の胞子を形成する分離株は,その諸性状からPleistophora属の微胞子虫であると考えられた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
Discovery reports by Institute of Oceanographic Sciences; Great Britain. Colonial Office
9
干渉SAR処理を用いた南極接地線(grounding line)の精密決定 by 山之口, 勤; 土井, 浩一郎; 澁谷, 和雄; 青木, 茂; Yamanouchi, Tsutomu; Doi, Koichiro; Shibuya, Kazuo; Aoki, Shigeru
10
Antarctic adventure and research by Taylor, Thomas Griffith, 1880-1963
5
カイコの祖先型昆虫に関する生物学的研究 by 河原畑 勇; KAWARABATA Takeshi
11
Journal of the Resolution's voyage in 1771-1775 by Marra, John; Henry, David, 1710-1792
6
Report of the scientific results of the voyage of S.Y. "Scotia" during the years 1902, 1903, and 1904 : under the leadership of William S. Bruce by Scottish national Antarctic expedition, 1902-1904; Bruce, William S. (William Speirs), 1867-1921; Mossman, R.C.; Chree, …
12
South: man and nature in Antarctica : a New Zealand view by Billing, Graham; Mannering, Guy; New Zealand. Antarctic Division
5.
カイコの祖先型昆虫に関する生物学的研究 by 河原畑 勇; KAWARABATA Takeshi
6.
Report of the scientific results of the voyage of S.Y. "Scotia" during the years 1902, 1903, and 1904 : under the leadership of William S. Bruce by Scottish national Antarctic expedition, 1902-1904; Bruce, William S. (William Speirs), 1867-1921; Mossman, R.C.; Chree, …
8.
Discovery reports by Institute of Oceanographic Sciences; Great Britain. Colonial Office
9.
干渉SAR処理を用いた南極接地線(grounding line)の精密決定 by 山之口, 勤; 土井, 浩一郎; 澁谷, 和雄; 青木, 茂; Yamanouchi, Tsutomu; Doi, Koichiro; Shibuya, Kazuo; Aoki, Shigeru
10.
Antarctic adventure and research by Taylor, Thomas Griffith, 1880-1963
11.
Journal of the Resolution's voyage in 1771-1775 by Marra, John; Henry, David, 1710-1792
12.
South: man and nature in Antarctica : a New Zealand view by Billing, Graham; Mannering, Guy; New Zealand. Antarctic Division