近視野顕微鏡を利用した超微小領域での高感度分析

閲覧数: 11
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

近視野顕微鏡を利用した超微小領域での高感度分析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Highly sensitive determination in a microscopic region using a near-field microscope.
責任表示:
小川 禎一郎(九州大学・大学院・総合理工学研究科・教授)
OGAWA Teiichiro(九州大学・大学院・総合理工学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1997
概要(最新報告):
1.研究目的 超微小領域での高感度・高機能分析手法の確立のため、近視野レーザー蛍光顕微鏡・共焦点レーザー蛍光顕微鏡を試作し、溶液表面を対象にキャラクタイゼーションを行う。 2.研究成果 レーザー蛍光法を基礎に、液体や溶液のμm程度の表面を高感度計測した。 (1)装置の試作……2次元光子計数型光子検出器(ICCD)を購入し、高感度分光顕微鏡を組み立てた。光源としては既設のAr-ionレーザー・半導体レーザーを用いた。 (2)光学ファイバー束の活用……40本のファイバー束を用い、顕微鏡焦点では丸く束ね、分光器スリット上では直線に並べ、各ファイバーからの蛍光スペクトルをCCD上に表示した。画像上で分子の動きの追跡や背景光差引が可能となった。 (3)画像処理……分光器を通さず直接CCD上に結像することにより、焦点面での分子分布をカラー画面で表示できる。水溶液表面上で分子が島のように凝集していることを示した。 (4)ポルフィリンの水面上での蛍光スペクトル……水面上での蛍光スペクトルは飽和炭化水素中に類似し、水面がきわめて疎水的である。 (5)時間分解蛍光法にもとづく表面の動的過程……水面上のポルフィリン分子の時間分解蛍光スペクトルを測定し、水面上でのクラスター生成による時間的揺ぎ見出した。 (6)シアニン色素の水面上での蛍光スペクトル……水面上の蛍光スペクトルを測定し、水表面は炭化水素ように疎水的であることを示した。 (7)結語……水面では蒸発のため積算時間が長く取れず、現在のスペクトル測定感度は千個程度であり、目標としていた数個の分子のレベルにまでは到達していない。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
液体表面高感度分析装置の試作 by 小川 禎一郎; OGAWA Teiichiro
3
フォトサーマルスペクトロスコピーの工学的応用 by 小川 禎一郎; OGAWA Teiichiro; 沢田 嗣郎
1.
液体表面高感度分析装置の試作 by 小川 禎一郎; OGAWA Teiichiro
3.
フォトサーマルスペクトロスコピーの工学的応用 by 小川 禎一郎; OGAWA Teiichiro; 沢田 嗣郎