亜鉛および亜鉛合金電析における特微的電流密度

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

亜鉛および亜鉛合金電析における特微的電流密度

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
CHARACTERISTIC CURRENT DENSITY FOR ELECTRODEPOSITION OF ZINC AND ZINC ALLOYS.
責任表示:
福島 久哲(九州大学・工学部・教授)
FUKUSHIMA Hisaaki(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1997
概要(最新報告):
下記の実験によって臨界電流密度の電気化学的意味の統括的な検証を行った。 (1)水素析出の触媒として作用し,最小水素過電圧(η^0_H)を減じることが知られているSCN^-,S_2O_3^<2->のようなS^-,N^-化合物を電解浴に添加し,臨界電流密度を測定した。その結果,浴中のS^-,N^-化合物の濃度が高くなる程,臨界電流密度が上昇することが分かった。また,Znイオンを含有しない浴でこのη^0_Hの減少効果を確認し,硫酸亜鉛浴で測定した臨界電流密度とη^0_Hの関係を求めた。両者は反比例の関係になり,仮定された機構が立証できた。 (2)η^<inh>_Hが出現しないクエン酸浴やアンモニア性アルカリ浴を用い,η^0_Hが異なる金属電極において臨界電流密度を測定した。その結果,臨界電流密度は電極金属の種類によらず,水素の限界電流密度に等しくなった。 (3)Znと同様水素より卑な金属であるCdおよびMnについてZnと同様な実験を行った。その結果,Mn電析の臨界電流密度は水素の限界電流密度に等しくなり,水素イオンの拡散過電圧に支配されることが分かった。また,Cd電析の臨界電流密度は水素の限界電流密度より小さくなり,臨界電流密度において陰極界面pHはCd(OH)_2生成の臨界pHまで上昇していないことが分かった。 (4)多量の第二元素イオン(Cd,Mn)を含有した硫酸塩浴におけるZn電析の臨界電流密度を測定し,臨界電流密度以下で第二元素の電析電流密度が無視できない状況で,第二元素が高電流効率で電析し水素析出の部分電流密度を減少させるのか検証した。その結果,Znより貴なCdは電析して臨界電流密度を上昇させ,Znより卑なMnは電析しないため,臨界電流密度を変化させないことが分かった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
次世代亜鉛合金系表面処理鋼板の開発 by 福島 久哲; FUKUSHIMA Hisaaki
8
磁場下における鉄ーニッケル合金の電解析出 by 福島 久哲; FUKUSHIMA Hisaaki
3
磁性多層膜の電析による作製と評価 by 林 安徳; HAYASHI Yasunori
9
人工超分子による金属酵素反応の研究 by 成田 吉徳; NARUTA Yoshinori
4
機能性多層膜の電析による作製と評価 by 林 安徳; HAYASHI Yasunori
11
Zinc : the science and technology of the metal, its alloys and compounds by Mathewson, Champion Herbert, 1881-; American Zinc Institute
1.
次世代亜鉛合金系表面処理鋼板の開発 by 福島 久哲; FUKUSHIMA Hisaaki
3.
磁性多層膜の電析による作製と評価 by 林 安徳; HAYASHI Yasunori
4.
機能性多層膜の電析による作製と評価 by 林 安徳; HAYASHI Yasunori
8.
磁場下における鉄ーニッケル合金の電解析出 by 福島 久哲; FUKUSHIMA Hisaaki
9.
人工超分子による金属酵素反応の研究 by 成田 吉徳; NARUTA Yoshinori
11.
Zinc : the science and technology of the metal, its alloys and compounds by Mathewson, Champion Herbert, 1881-; American Zinc Institute