二次元図形解析法を用いた心電図“カオス"の解析

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

二次元図形解析法を用いた心電図“カオス"の解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
ANALYSIS OF CHAOS OF ATRIAL FIBRILLATION USING RR-INTERVAL PLOTTING
責任表示:
樗木 晶子(九州大学・医療技術短期大学部・助教授)
CHISHAKI Akiko(九州大学・医療技術短期大学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1998
概要(最新報告):
平成8年度には自律神経系の温存された犬交叉潅流心において房室結節の生理的機能を不規則な白色ノイズ刺激を与える事により検討し、機能的不応期が連続的先行RR間隔の変化に連動して変わる事を報告した。平成9年度は動物実験での房室結節の生理的機能をふまえてヒト心房細動における変行伝導と心室期外収縮の鑑別が可能である事、また、その定量的鑑別法について検討した。平成10年度はさらに心房細動に心室期外収縮を合併した症例において心室期外収縮の詳細な検討を行った。対象は81例で弁膜症などの基礎心疾患を合併していた。ホルター心電図のRR間隔時系列データのRRnをX座標、RRn+1をY座標として二次元図形表示し、心室期外収縮と変行伝導の二次元図形パターンの違いから各々の不整脈を診断した。心室期外収縮の連結時間の違い、発生時の先行RR間隔の違い、および不整脈の悪性度や心機能などの臨床的指標との関連を検討した。心室期外収縮の連結時間は非常に連結時間の固定したものから変動するものまで混在し、連結時間の変動する症例ほど不整脈の悪性度が高く、心室頻拍などがみられた。また、心室期外収縮の発生時の先行する2つのRR間隔が最初に短く、次に長いRR間隔がくるという規則性があって心室期外収縮が出現するものと全く不規則なRR間隔の関係のものまでみられ、不規則な症例において心室頻拍などのような、より悪性の不整脈が出現していた。心機能もこのような症例において低下していた。このように本法は一見カオスと思われる心房細動のRR間隔と心室期外収縮の発生において規則性を解析するのに有用な方法であることが解った。また、心室性不整脈の発生機序を考える上でも有用な方法である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
メタボリックシンドロームとの関わりでみた非弁膜症性心房細動 by 丸山, 徹; 安田, 潮人; Maruyama, Toru; Yasuda, Shioto
4
Journal of atrial fibrillation by Cardiofront, Inc
10
Recurrent atrial fibrillation after high-dose methylprednisolone therapy in a girl with lupus-associated hemophagocytic syndrome by Yamamura, Kenichiro; Ohga, Shouichi; Nishiyama, Kei; Doi, Takehiko; Tsutsumi, Yasushi; Ikeda, Kazuyuki; Fujishima, …
5
Catheter ablation of atrial fibrillation by Aliot, Etienne; Haïssaguerre, Michel; Jackman, Warren M
6
Innovative management of atrial fibrillation by Schwartzman, David,; Zenati, Marco
3.
メタボリックシンドロームとの関わりでみた非弁膜症性心房細動 by 丸山, 徹; 安田, 潮人; Maruyama, Toru; Yasuda, Shioto
4.
Journal of atrial fibrillation by Cardiofront, Inc
5.
Catheter ablation of atrial fibrillation by Aliot, Etienne; Haïssaguerre, Michel; Jackman, Warren M
6.
Innovative management of atrial fibrillation by Schwartzman, David,; Zenati, Marco
10.
Recurrent atrial fibrillation after high-dose methylprednisolone therapy in a girl with lupus-associated hemophagocytic syndrome by Yamamura, Kenichiro; Ohga, Shouichi; Nishiyama, Kei; Doi, Takehiko; Tsutsumi, Yasushi; Ikeda, Kazuyuki; Fujishima, …