性腺・副腎の形成に不可欠なAd4BP遺伝子の転写調節機構

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

性腺・副腎の形成に不可欠なAd4BP遺伝子の転写調節機構

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
諸橋 憲一郎(九州大学・大学院・医学系研究科・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996
概要(最新報告):
生殖腺、副腎の分化の機構を解明する目的で以下の研究を行った。 (1)Ad4BP/SF-1遺伝子第一イントロンを調べた結果、第一イントロン内にアミノ酸をコードしない複数の第一エクソンの存在が明かになった。これらのエクソンのうちIaとIgエクソンは生殖腺と副腎皮質に発現が認められたが、Ioエクソンの発現はラット卵巣で認められるもののマウス卵巣では認められず、その発現には種差が認められた。Ioエクソン領域の塩基配列を調べたところ、マウスIoエクソンのスプライシングサイトの配列に異常が認められたことから、マウスではIoの使用が不能になっていることが明かになった。 (2)抗Ad4BP/SF-1抗体を用い、Ad4BP/SF-1の発現部位を胎生組織で調べたところ、Ad4BP/SF-1の発現開始直後には、背側大動脈から腹腔上皮にかけての一群の細胞が陽性であることが分かった。後にこの細胞集団は二群に分離し、一方は副腎皮質へ、他方は生殖腺へ分化する。すなわちこの結果は、副腎皮質と生殖腺は同一の細胞集団より派生することを示すものであった。 (3)Ad4BP/SF-1と同様に生殖腺と副腎皮質の分化に不可欠な因子として単離されたDAX-1に対する抗体を作成し、その発現分布を調べた。DAX-1はAd4BP/SF-1と同様に性腺と副腎に発現するが、組織内における分布に顕著な違いがありDAX-1の機能を考える上で貴重な情報である。また胎生期の未分化生殖腺にもその発現が認められるが、やはりAd4BP/SF-1との間に発現領域で顕著な差が認められる。これらの結果をもとに生殖腺と副腎の分化における役割の検討を行っている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
生殖腺の性分化におけるAd4BPの機能 by 諸橋 憲一郎; MOROHASHI Ken-ichirou
6
生殖器官形成過程における転写因子Ad4BPの機能 by 諸橋 憲一郎; MOROHASHI Kenichirou
12
副腎皮質形成機構の解明 by 諸橋 憲一郎; MOROHASHI Ken-ichirou
3.
生殖腺の性分化におけるAd4BPの機能 by 諸橋 憲一郎; MOROHASHI Ken-ichirou
6.
生殖器官形成過程における転写因子Ad4BPの機能 by 諸橋 憲一郎; MOROHASHI Kenichirou
12.
副腎皮質形成機構の解明 by 諸橋 憲一郎; MOROHASHI Ken-ichirou