セクターの手法による部分因子環の構造解析

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

セクターの手法による部分因子環の構造解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
幸崎 秀樹(九州大学・大学院・数理学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996
概要(最新報告):
量子場の理論で起こったsuper selection sectorの理論はその後Longoにより数学的に整備拡張されたセクター理論が誕生した。これは一種の両側加群の理論であるり、近年Jonesの指数理論において極めて有用である事が明らかになってきた。部分因子環を保存する自己同型の研究は重要であるが、近年の代表者の研究により、このような研究においてもセクター理論が有用である事が明らかになった。 因子環部分因子環の対から自然に生じるセクターの冪乗を分解して得られる既約成分全体またそれら積の分解の仕方(fusion rule)は部分因子環の研究の為の重要な不変量である。一般にこれは計算困難だが、既約成分の内1次元のもの(これは因子環の特別な自己同型に対応する)のつくる群だけでも大変役立つ。たとえばdepth2の部分因子環のときはgroup-like全体の群に対応するし、部分因子環込みの自己同型の研究の際にも重要な群だからである。今年度は韓国のHong氏との共同研究で、composition of factorと呼ばれる重要なクラスの部分因子環に対して、1次元のもの全体のつくる群の構造を完全に決定した。「捻り」のない時はある種の群の半直積であり、一般には群の拡大として記述される。拡大を決めている2-cocycleも具体的に書き下せる。 また研究分担者綿谷は代表者との数々の有益な討論を行い、それ以外にも梶原(岡山大)、松本(上越教育大)等とC^*環の指数理論等を精力的に研究した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
III型因子環の指数理論 by 浜地 敏弘
3
部分因子環の総合的研究 by 幸崎 秀樹; KOSAKI Hideki
9
有限幾何の量子化 by 綿谷 安男
10
作用素論と作用素平均の研究 by 幸崎 秀樹; KOSAKI Hideki
11
部分因子環の総合的研究 by 幸崎, 秀樹
3.
部分因子環の総合的研究 by 幸崎 秀樹; KOSAKI Hideki
7.
III型因子環の指数理論 by 浜地 敏弘
9.
有限幾何の量子化 by 綿谷 安男
10.
作用素論と作用素平均の研究 by 幸崎 秀樹; KOSAKI Hideki
11.
部分因子環の総合的研究 by 幸崎, 秀樹