QKZ方程式とMacdonald多項式

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

QKZ方程式とMacdonald多項式

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
三町 勝久(九州大学・大学院・数理学研究科・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996
概要(最新報告):
研究代表者はジャック多項式及びそのq-類似であるところのマクドナルド対称多項式(正確にはそのA型)の具体的な積分表示に既に成功していた。本年度はこれを出発として、QKZ方程式、マクドナルドの作用素に付随する固有値問題などを、積分を軸として多角的に考察することを目標にしていた。その具体的成果は次の通りである。 1)Cherednikの意味でのルート系A型に対するQKZ方程式の積分表示解を与えた。しかし、積分領域たるサイクルに関する議論は先延ばしにしてあり、その意味で正確にいえば、ある種のコホモロジークラスにおける解を与えたことになっている。サイクルに関する具体的な考察は今後の課題である。文献1。 2)1)のQKZ方程式の積分表示解の議論から、マクドナルド作用素の固有函数の積分表示解(これも上述の意味)の予想を得ていたがそれに関する証明を野海正俊氏との共同研究により二通り与えた。これによりマクドナルドの作用素に付随する固有値問題を積分を通して議論することが可能になった。文献2。 3)2)で与えた積分表示の積分領域を考察することにより、マクドナルドの作用素に付随する固有函数の有理函数解を抽出した。このことから直ちにQKZ方程式の有理函数解が得られる。特殊な場合にワイルの指標公式を含んでいることから、逆にその一般化と見なすことができるものである。(論文準備中) 4)マクドナルド対称多項式の積分表示における積分領域を漸近解析の感覚を頼りに考察することで、マクドナルド対称多項式の内積値を計算してみせた。これはマクドナルドの内積値予想(正確にはそのA型)と呼ばれるていたもので、それの別証を与えたことになっている。文献3。 5)マクドナルド対称多項式はダンクル作用素の固有函数として捉えることもできるが、逆にダンクル作用素の固有函数には対称でない多項式も含まれる。これがマクドナルド非対称多項式である。代表者はこの多項式に関する再生核公式を野海正俊氏との共同研究により導いた。文献4。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
微分方程式と固有関数展開 by 小谷, 眞一; 俣野, 博
3
微分方程式と固有関数展開 by 小谷, 眞一; 俣野, 博
9
行列の固有値 : 最新の解法と応用 by Chatelin, Françoise; 伊理, 正夫; 伊理, 由美
11
行列の固有値 : 最新の解法と応用 by Chatelin, Françoise; 伊理, 正夫; 伊理, 由美
6
Jordan標準形と単因子論 by 杉浦, 光夫
12
精度保証付き計算法の開発と実用化 by 山本 野人; YAMAMOTO Nobito
2.
微分方程式と固有関数展開 by 小谷, 眞一; 俣野, 博
3.
微分方程式と固有関数展開 by 小谷, 眞一; 俣野, 博
6.
Jordan標準形と単因子論 by 杉浦, 光夫
9.
行列の固有値 : 最新の解法と応用 by Chatelin, Françoise; 伊理, 正夫; 伊理, 由美
11.
行列の固有値 : 最新の解法と応用 by Chatelin, Françoise; 伊理, 正夫; 伊理, 由美
12.
精度保証付き計算法の開発と実用化 by 山本 野人; YAMAMOTO Nobito