地熱環境における微生物活動とシリカの沈殿

閲覧数: 14
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

地熱環境における微生物活動とシリカの沈殿

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Microorganism and silica in geothermal environments
責任表示:
井沢 英二(九州大学・工学部・教授)
IZAWA Eiji(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1997
概要(最新報告):
1.イエローストーン国立公園の調査については、昨年度に引き続き、センティナルメド-およびオクトパススプリングの熱水湧出域で環境計測、微生物コロニーの形態観察を実施した。新たにシスターンスプリングでシリカ沈殿物と好熱微生物の採取を行った。水の分析からシリカの飽和度の変化が明らかになり、シリカの沈殿に蒸発作用が大きく影響している可能性を見出した。また、シリカ沈殿物の化学組成については、アルミの含有量が熱水の温度と関連して変化していることを明らかにした。 2.イエローストーンのシスターンスプリングの試料の研究から、熱水の温度と微生物の種類の違いを見出した。また、好熱微生物の量とシリカの沈殿速度に相関が認められた。これは、地熱発電所の熱水プールにおいて得られた結果と一致しており、微生物がシリカの沈殿を規制する機構について研究することが重要である。 3.イエローストーンの調査において、好熱微生物の種類と熱水の温度の対応が明確になり、地質時代のシリカ沈殿物について組織や形態を調査することにより、生成の環境が推定できるようになった。このことを実際に適用する例として、九州の久重火山地域にある50万年前のシリカ沈殿物(生竜シンター)の詳細な調査を実施した。また、地熱発電所の熱水パイプに生成したシリカ沈殿物について観察を行った。 4.ネバダ州ベオウェウとスティームボ-トスプリングズにおいて活動を停止した大規模なシンターを調査し、試料を採取した。化学組成および微生物に関係した組織に関し、検討を進めている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
Freshwater wilderness : Yellowstone fishes & their world by Varley, John D.; Schullery, Paul
8.
Freshwater wilderness : Yellowstone fishes & their world by Varley, John D.; Schullery, Paul