距離識別の視覚神経機構:新しいモデルの神経生理学的・神経細胞学的検証

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

距離識別の視覚神経機構:新しいモデルの神経生理学的・神経細胞学的検証

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
水谷 明子(九州大学・理学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996
概要(最新報告):
本研究はハンミョウ(Cicindela chinensis)幼虫を材料として、物体までの距離と物体のサイズの検出に関わる視覚神経機構について調べた。 ハンミョウの幼虫の攻撃行動と逃避行動は、物体までの距離と物体の絶対的サイズに依存して切り替えられた。6対の単眼のうち、1個の大きな単眼のみを残して残りの単眼をペイントで覆った個体でも、視覚行動にはある程度の切り替えが見られた。このことは、標的までの距離と標的の絶対的サイズの検出が複数の単眼の協調作用によるだけでなく、1個の単眼でも可能であることを示し、距離とサイズの検出に関わる未知の視覚神経機構が存在する可能性を示唆している。一方、幼虫の視覚行動をビデオ撮影し、詳しく解析したところ、幼虫は、運動視差により行動の切り替えを引き起こす可能性も示された。 視覚を一定に保ち、異なる距離で物体を動かした時、物体までの距離の変化に対して応答するニューロンを幼虫の視葉と脳内で電気生理学的に検索した。視葉の第3次ニューロンの中には標的の視覚が等しいにもかかわらず、距離の違いにより興奮性の応答と抑制性の応答を示すものが見られた。光学的測定では、視覚の等しい物体の網膜像は物体の置かれた距離により微妙に異なっていた。このことからも、記録されたニューロンの応答は、複数の単眼からの入力により形成されるだけでなく、1個の単眼からの入力が距離依存性を示すようなニューロン回路で処理されることにより形成される可能性を示す。現在、各単眼からの詳しい入力様式を調べ、幼虫の距離測定の視覚神経機構を解析中である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
コガネグモの視神経遠心性細胞の脳内での形態と脳内光感受性細胞の存在部位 by 上妻, 多紀子; 山下, 茂樹; Kouzuma, Takiko; Yamashita, Shigeki
12
両眼立体視における尤度計算 by 光藤, 宏行; Hiroyuki, Mitsudo
9.
コガネグモの視神経遠心性細胞の脳内での形態と脳内光感受性細胞の存在部位 by 上妻, 多紀子; 山下, 茂樹; Kouzuma, Takiko; Yamashita, Shigeki
12.
両眼立体視における尤度計算 by 光藤, 宏行; Hiroyuki, Mitsudo