環境問題におけるミクローマクロ・リンク構造の数理社会学的分析

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

環境問題におけるミクローマクロ・リンク構造の数理社会学的分析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
土場 学(九州大学・大学院・比較社会文化研究科・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996
概要(最新報告):
本研究では、環境破壊をもたらすミクローマクロ・リンク構造を制御するための実践的な方策を見出すために、ゴミ処理をめぐる個々人の意識や行動などのミクロな要因と、生活環境や産業構造、あるいは行政機関の対応などのマクロな要因との関係構造に注目し、調査票調査および事例調査から得られるデータをもとに数理社会学的分析を行った。すなわち具体的には、東北大学生活環境研究会(代表:海野道郎教授)の協力を得て、仙台市民に対して行ったゴミ問題に関する三つの意識調査(『生活環境(ごみ等)に関する仙台市民意識調査』(1989年)、『暮らしとごみに関する市民意識調査』(1991年)、『生活と環境に関する仙台市民意識調査』(1993年))のデータ、および、久留米市清掃部リサイクル推進課の協力を得て、久留米市民に対して行ったゴミ問題に関する意識調査(『ごみに関する意識調査』(1995年))のデータをもとに、両市の地域特性・生活環境・産業構造などに関する基礎的資料などから得られるデータを併せつつ、計量分析およびシミュレーション分析を行った。その結果として、ミクローマクロ・リンク構造を制御するための重要な諸要因として、環境問題に関する個々人の規範的意識、環境保護に関する重要性や利害の認知、環境問題に関する自治体の取り組み、地域の世帯構造や就業構造などが析出され、それらのあいだの構造的関係も明らかにされた。なお、この研究の成果の報告については、現在学術論文としてまとめている段階であり、1997年中に公表する予定である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
数理社会学の現在 by 原, 純輔; 海野, 道郎
5
数理社会学の展開 by 海野, 道郎; 原, 純輔; 和田, 修一
11
数理の発想 (アイディア) でみる社会 by 小林, 淳一; 木村, 邦博
6
社会を数理で読み解く : 不平等とジレンマの構造 by 盛山, 和夫; 浜田, 宏; 武藤, 正義; 瀧川, 裕貴
12
数理社会学 by Fararo, Thomas J.; 西田, 春彦; 安田, 三郎
4.
数理社会学の現在 by 原, 純輔; 海野, 道郎
5.
数理社会学の展開 by 海野, 道郎; 原, 純輔; 和田, 修一
6.
社会を数理で読み解く : 不平等とジレンマの構造 by 盛山, 和夫; 浜田, 宏; 武藤, 正義; 瀧川, 裕貴
11.
数理の発想 (アイディア) でみる社会 by 小林, 淳一; 木村, 邦博
12.
数理社会学 by Fararo, Thomas J.; 西田, 春彦; 安田, 三郎