ヒトゲノムの不安定性に関与する遺伝的要因の検索と分子機序

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒトゲノムの不安定性に関与する遺伝的要因の検索と分子機序

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Identification of genetic factors involved in the human genomic instability
責任表示:
和田 守正(九州大学・医学部・助教授)
WADA Morimasa(九州大学・医学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1997
概要(最新報告):
近年、Fragile X症候群、ハンチントン病などの遺伝性疾患及び癌にゲノムの不安定性が大きく関与していることが明らかになってきた。しかし、不安定性そのものを規定する遺伝的要因に関しては未だほとんど明らかにされていない。我々は、これら不安定性を示す領域が全てリピート領域であることに注目し、積極的にリピートの安定性に関与する遺伝的要因を明らかにすることを試みた。まず、リピート領域を含む酵母人工染色体(YAC)を用いて、不安定性を抑制する酵母菌宿主変異株の単離に成功した。つぎに、リピートの安定性に関与する酵母遺伝子の単離を試みた。新しい変異株は親株に比べ増殖速度が遅いという性質を利用して発現クローニングを行い、候補遺伝子を15クローン単離した。各クローンを変異株に再導入し、コロニーカラーアッセイおよびサザンブロット法により、再度不安定性を獲得するか否かを検討した結果、2クローンについて再現性が得られた。塩基配列の決定とデータベース検索により、1クローンはAストレッチシークエンスを含む機能未知領域、1クローンはトポイソメラーゼIIのコード領域を含むことが明らかとなった。トポイソメラーゼIIはトランスに、また、Aストレッチシークエンスはトランス因子の競合結合によりシス領域に作用することによって、リピートの不安定性に関与しうることが示唆された。今後、変異株におけるトポイソメラーゼII変異部位の同定と、未知遺伝子のヒトホモログ単離を行い精神疾病、癌、またその他の遺伝疾病で、不安定化遺伝子の発現変化及び変異と疾病との関連性について検討することが必要と考えられた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
薬剤耐性のヒトゲノム解析の共同研究 by 桑野 信彦; KUWANO Michihiko
9
Fragile sites on human chromosomes by Sutherland, Grant R.; Hecht, Frederick
10
染色体凝縮開始とMPF活性化の調節 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
3.
薬剤耐性のヒトゲノム解析の共同研究 by 桑野 信彦; KUWANO Michihiko
9.
Fragile sites on human chromosomes by Sutherland, Grant R.; Hecht, Frederick
10.
染色体凝縮開始とMPF活性化の調節 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu