遊離型カテコラミンの抱合化の過程および代謝高進に及ぼす影響の検討

閲覧数: 14
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

遊離型カテコラミンの抱合化の過程および代謝高進に及ぼす影響の検討

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Effect of an infusion of free noradrenaline on plasma sulpho-conjugated catecholamine concentration and energy metabolism
責任表示:
大柿 哲朗(九州大学・健康科学センター・助教授)
OGAKI Tetsuro(九州大学・健康科学センター・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1997
概要(最新報告):
【目的】 本研究の目的は、カテコラミン注入による血中の抱合型カテコラミンの動態および代謝の高進への影響を明らかにすることであった。 【研究方法の概要】 被験者は、健常な男性6名(年齢:24±2才、最大酸素摂取量:52.5±5.0ml/kg/min、体脂肪率:11.0±1.2%)であった。これらの被験者に体重あたり0.05μg/分のノルアドレナリンを60分間にわたって静脈から注入した。注入前、注入中10分毎および注入後1時間と2時間目に採血し、遊離型および抱合型のカテコラミン、血中脂質等を測定した。また注入中は呼気ガスと心拍数を連続的に、血圧を10分毎に測定した。 【結果の概要】 ノルアドレナリン注入により遊離型ノルアドレナリンが漸増し、また抱合型ノルアドレナリンも漸増した。一方、アドレナリンは遊離型および抱合型ともに有意な変化を認めなかった。血中脂質もノルアドレナリンの注入によって漸増した。酸素摂取量、収縮期および拡張期血圧は漸増し、心拍数は減少した。 【結論】 カテコラミン注入によって、抱合型カテコラミンも漸増する事が明らかとなり、このことは抱合型は遊離型の貯蔵形であり、注入中にもカテコラミンの抱合化が起こっている可能性を示唆した。またノルアドレナリンの注入は、呼吸代謝と脂質代謝を刺激することが明らかになった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
食品の変色とスペクトルとの関係(VII) : リンゴ酵素―カテコールアミン系の吸収スペクトル by 尊田, 民喜; 稲富, 良文; 浅田, 要一郎; 吉川, 秀樹; 大村, 浩久; Sonda, Tamiyoshi; Inatomi, Yoshifumi; …
11
脂質代謝異常 by 武富, 保
12
脂質の代謝 by 野島, 庄七; 山川, 民夫
10.
食品の変色とスペクトルとの関係(VII) : リンゴ酵素―カテコールアミン系の吸収スペクトル by 尊田, 民喜; 稲富, 良文; 浅田, 要一郎; 吉川, 秀樹; 大村, 浩久; Sonda, Tamiyoshi; Inatomi, Yoshifumi; …
11.
脂質代謝異常 by 武富, 保
12.
脂質の代謝 by 野島, 庄七; 山川, 民夫