新規不斉源の創製とその高次利用

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

新規不斉源の創製とその高次利用

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
New chiral sources for asymmetric synthesis
責任表示:
末宗 洋(九州大学・薬学部・教授)
SUEMUNE Hiroshi(九州大学・薬学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1997
概要(最新報告):
平成9年度における研究成果として、つぎの5項目が挙げられる。 1.酵素的手法による7員環を母核とする新規不斉源の構築に成功すると共に、抗高脂血症薬プラバスタチン関連化合物の活性発現部位である6員環ラクトン部の効率的不斉合成法開発に成功した。本研究はさらに標的化合物の全合成研究へ向けてさらに展開中である。Tetrahedron:Asymmetry 8,195-201(1997). 2.酵素的手法による5員環を母核とする新規不斉源の構築に成功すると共に、新規天然物(-)-curcumanolide Aの効率的不斉合成法を確立した。J.Org.Chem.62,3824-3830(1997). 3.特異なラクタラン骨格構造を持つ天然物furoscrobiculin Bの新規合成法を独自の方法論により確立した。本研究は今後の不斉合成研究の成功を期待させるものである。J.Chem.Soc.,Perkin Trans.1,1997,1707-1714. 4.C-ヌクレオシド不斉合成研究のための基礎的研究として、新たに酵素的手法による方法論を確立した。Tetrahedron:Asymmetry 8,3089-3094(1997). 5.酵素的手法による8員環を母核とする新規不斉源の構築に成功すると共に、トランスアニュラー反応による光学活性ビシクロ[3.3.0]オクタン骨格の構築法を確立した。さらに、本方法論を適用し、(+)-iridomyrmecinのの不斉合成を達成した。Chem.Pharm.Bull.,46,17-21(1998) 続きを見る
本文を見る

類似資料:

12
多環式芳香族化合物の触媒的不斉水素化 by 桑野 良一; KUWANO Ryoichi
12.
多環式芳香族化合物の触媒的不斉水素化 by 桑野 良一; KUWANO Ryoichi