破骨細胞の分化過程における細胞接着分子の関与の解明

閲覧数: 24
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

破骨細胞の分化過程における細胞接着分子の関与の解明

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Expression of IL-1 and adhesion molecules during osteoclast development in rat periapical lesions
責任表示:
阿南 壽(九州大学・歯学部・講師)
ANAN Hisashi(九州大学・歯学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1998
概要(最新報告):
根尖性歯周炎などの骨吸収を伴う疾患においては、破骨細胞が重要な役割を担っている。しかしながら、根尖性歯周炎局所における骨吸収過程については不明な点が多く残されている。そこで、本研究では破骨細胞の活性化に関与すると考えられる細胞接着分子の解析を目的として、特に骨吸収部位におけるintercellular adhesion molecule-1(ICAM-1)およびleukocyte function associated antigen-1(LFA-1)の発現と強力な破骨細胞活性化因子であるIL-1の発現との関連性について免疫組織学的に検討した。その結果、ラット根尖病変では好中球浸潤の活性化とIL-1βを発現したマクロファージの増加により、破骨細胞性骨吸収は活性化し急激な病巣の拡大が認められた。また、骨吸収部位ではICAM-1発現細胞およびLFA-1発現細胞の増加が認められ、破骨細胞はICAM-1(+),LFA-1(-)、前破骨細胞はICAM-1(+),LFA-1(+)、骨芽細胞様細胞はICAM-1(+),LFA-1(-)を示した。一方、骨形成期ではIL-1β発現細胞の著しい減少が観察されるとともに、骨吸収期に比較してICAM-1発現細胞およびLFA-1発現細胞の減少が認められた。また、骨芽細胞および前骨芽細胞はICAM-1(-),LFA-1(-)を示した。以上のことより、根尖性歯周炎における活発な骨吸収部位ではIL-1βを発現したマクロファージの増加に伴いICAM-1およびLFA-1が発現されることにより、骨芽細胞様細胞と前破骨細胞、前破骨細胞と前破骨細胞、破骨細胞と前破骨細胞といった骨系細胞間の相互作用が惹起され破骨細胞は分化、成熟する可能性が示唆された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
破骨細胞吸収型骨置換材の創製 by 松家 茂樹; MATSUYA Shigeki
10.
破骨細胞吸収型骨置換材の創製 by 松家 茂樹; MATSUYA Shigeki