落屑症候群の緑内障発生機序に関する研究

閲覧数: 31
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

落屑症候群の緑内障発生機序に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Research on the mechanism of glaucoma in exfoliation syndrome
責任表示:
久保田 敏昭(九州大学・医学部・講師)
KUBOTA Toshiaki(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1998
概要(最新報告):
落屑症候群は高齢者の水晶体前面あるいは虹彩の瞳孔縁にフケ様の落屑物質が沈着し、高頻度に緑内障を合併する疾患である。落屑物質の起源についてはまだ不明な点が多い。免疫組織化学の手法を用いて、落屑物質におけるHNK-1 carbohydrate epitopeを染め出すと同時にクプロメロニックブルーを用いた組織化学でプロテオグリカンを染色した。この新しい手法で落屑物質の構成成分である、HNK-1 carbohydrate epitopeとプロテオグリカンの関係を明らかにすることができた(Kubota et al.:Current Eye Research 1998)。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
落屑症候群の病因に関する共同研究 by 猪俣 孟; INOMATA Hajime
8
落屑症候群 : その緑内障と白内障 by 布田, 竜佑; 湖崎, 弘
3
落屑症候群の病因に関する共同研究 by 猪俣 孟; INOMATA Hajime
9
RAの実験モデルにおける発症と慢性化機序に関する研究 by 宮原 寿明; 寺田 和正; TERADA Kazumasa
4
落屑緑内障の病因に関する研究 by 猪俣 孟; INOMATA HAJIME
1.
落屑症候群の病因に関する共同研究 by 猪俣 孟; INOMATA Hajime
3.
落屑症候群の病因に関する共同研究 by 猪俣 孟; INOMATA Hajime
4.
落屑緑内障の病因に関する研究 by 猪俣 孟; INOMATA HAJIME
8.
落屑症候群 : その緑内障と白内障 by 布田, 竜佑; 湖崎, 弘
9.
RAの実験モデルにおける発症と慢性化機序に関する研究 by 宮原 寿明; 寺田 和正; TERADA Kazumasa