P.gingivalisのプロテアーゼ欠失株の性状及びその病原性の変化について

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

P.gingivalisのプロテアーゼ欠失株の性状及びその病原性の変化について

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
米田 雅裕(九州大学・歯学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996
概要(最新報告):
P.gingivalisの強いプロテアーゼ活性を有することが知られており、現在そのの酵素学的及び分子生物学的性質を明らかにする研究が急速に進められている。しかし、本酵素が歯周病の発症におよぼす影響はまだ完全に解明されていない。そこで私は本酵素の病原性を明らかにするために酵素活性を欠失した変異株を作製することを試みた。その結果、システインプロテアーゼのひとつarg-gingipainの遺伝子を分断した変異株を作製することに成功した。本変異株はプロテアーゼ活性の他、赤血球凝集活性も低下しており、これら二つの遺伝子は非常に近接した位置に存在することが明らかになった。また、培養上清中の線毛の発現が低下していることがわかった。この理由については現在検討中であるが、おそらくプロテアーゼ活性の低下による間接的影響によると考えられる。また、本変異株の培養上清は、野性株のそれに比べて好中球の機能を抑制する活性が低下していることが明らかになったので、今後さらに詳細に検討していく予定である。また、本変異株の実験動物に対する病原性の変化を調べ、歯周病の発症に及ぼすプロテアーゼの影響を明らかにしていきたいと考えている。 続きを見る
本文を見る

類似資料: