骨格筋筋線維分化と緩和時間との関係の解明

閲覧数: 26
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

骨格筋筋線維分化と緩和時間との関係の解明

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
畠中 正光(九州大学・生体防御医学研究所・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996
概要(最新報告):
実験動物はウサギを用い、ペントバルビタールにて麻酔下に実験を行った。 MRI装置はGE社製Signa Advantage 1.5Tを用い、Extremity coilを使用した。目的とする筋肉の位置決め後、T1緩和時間の計測にはInversion Recovery系列を、T2緩和時間の計測にはSpin Echo系列を用いた。Inversion Recovery系列ではT1時間を6種類、Spin Echo系列ではTE時間を6種類変化させて得られたdata pointsからNon linear regressionによってパラメーターの推定を行いT1,T2緩和時間を計算した。 slow twitch muscleとしては、soleusを、fast twitch muscleとしてはgastrocnemiusおよびextensor digitorum longusを選定した。 T2緩和時間に関してはslow twitch muscleの値の方が大きいとの結果が出ているが、実験数が十分でなく結論には至っていない。今後実験数を増やしより正確に評価していく予定である。 緩和時間の差の原因に関しては、slow twitch muscleでは筋小胞体構造が発達し細胞外液の割合が高いためとする意見(Polak.J.F.Investigative Radiology)があるが、この説が正しいとするT1,T2緩和時間ともにslow twitch muscleの値の方が大きくなると考えらえ、研究結果と矛盾し説明することはできない。原因に関しては、血流、筋小胞体構造、収縮関連蛋白アイソホーム等との関連について現在研究を進めている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
豚骨格筋の筋線維構成に関する研究 (1) : 大腿二頭筋深層部と浅層部における筋線維分布の差異 by 岩元, 久雄; 田畑, 正志; 尾野, 喜孝; 川井田, 博; 高原, 斉; Iwamoto, Hisao; Tabata, Shoji; Ono, …
12
骨格筋の形と触察法 by 河上, 敬介; 磯貝, 香
9.
豚骨格筋の筋線維構成に関する研究 (1) : 大腿二頭筋深層部と浅層部における筋線維分布の差異 by 岩元, 久雄; 田畑, 正志; 尾野, 喜孝; 川井田, 博; 高原, 斉; Iwamoto, Hisao; Tabata, Shoji; Ono, …
12.
骨格筋の形と触察法 by 河上, 敬介; 磯貝, 香