青果物市場流通構造変貌下における園芸地帯の産地主体論的研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

青果物市場流通構造変貌下における園芸地帯の産地主体論的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
辻 一成(九州大学・農学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996
概要(最新報告):
本研究では,青果物のうち小ねぎに品目を絞り,主として九州内の産地を対象にして市場流通構造変貌下における各産地主体の変化と対応について考察した。 本研究で得られた成果の一部を示せば次のとおりである。 1.既存の先進大規模産地においては、まず産地レベルでは,管内農協の広域合併後、遅れていた隣接同品目部会との統合を進めるなど,いっそうの産地規模拡大による市場対応力の強化を図る方策が急ピッチで進められていることが明らかになった。また,個別経営のレベルでは,一部の経営において土耕栽培から水耕栽培への転換を図り,さらに小ねぎ生産者の規模拡大のネックである調製過程の機械化を進めるなど,生産量の拡大と省力化によるコスト低減策への取り組みが進みつつある。しかし,このことは一方で,産地を構成する経営の異質化をさらに促進させている。 2.したがって,当産地における部会組織では,異質化の進む個別経営をどのような形で再編統合するかが課題となっている。なお,この点は,今後のJAの市場戦略及び販売戦略と併せて検討されるべき点であるが,この点の産地主体間の調整は依然遅れている。 3.今後残された研究課題としては次のことが指摘できる。1つは,個別経営の構成と土地利用規模の変化に伴う,今後の合理的な土地利用のあり方とその利用調整主体を明らかにすることである。また,いま1つの明らかにすべき課題は,生産構造の変化に伴う既存の調整労働力の最適配分のあり方と地域経済全体に与える影響を明らかにすることである。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
青果物流通・市場の展開 by 沢田, 進一
3
肉豚市場体系と流通構造の変貌 by 協同組合経営研究所
9
肉豚産地市場の変貌 by 農政調査委員会
2.
青果物流通・市場の展開 by 沢田, 進一
3.
肉豚市場体系と流通構造の変貌 by 協同組合経営研究所
9.
肉豚産地市場の変貌 by 農政調査委員会