電気化学活性縫い込み型インターカレータを用いた新規DNAセンサーの開発

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

電気化学活性縫い込み型インターカレータを用いた新規DNAセンサーの開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
竹中 繁織(九州大学・工学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996
概要(最新報告):
遺伝子治療が臨床レベルで行われるようになるにおよんで,遺伝病の遺伝子などを迅速に定量・定性する技術がますます重要になってきている.本研究は,"電気化学活性フェロセン修飾縫い込み型インターカレータ"を電極型センサーへ応用し,より簡便で高感度であるDNAセンサーへ発展させることを目的とする.DNAセンサーに関する研究は最近国内外に見られるが,酵素センサーのような増幅系を構築できないために実用レベルの感度を有するものは全くなかった.申請者が開発する"電気化学活性縫い込み型インターカレータ"は,DNAセンサーを実用化に導くのに極めて有望な化合物である. 当該年度では,置換基両末端にフェロセンを導入した縫い込み型インターカレータを合成した.縫い込み型インターカレータは,二本鎖DNAとの結合において塩基対へ縫い込まれたような複合体を形成したので,解離時にこの置換基がストッパーとなり極めて遅い解離速度が達成された.一本鎖DNAにおいてはこのような効果がないので複合体は安定化しなかった.言い換えれば大きく異なった一本鎖と二本鎖との結合能が達成されたのである.これを用いることにより,これまでの系では低かった選択性が向上されたとともにRedox活性なフェロセンにより目的遺伝子の検出が達成された.特に本系は目的DNAがあればフェロセンが電極上に濃縮されたのでストリッピングボルタモグラフィーのような高感度化が達成された.これらの結果より,DNAセンサーの実用化へ向けた大きな一歩を踏み出すことができた. 続きを見る
本文を見る

類似資料: