リモートセンシングによる沿岸都市の熱環境評価

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

リモートセンシングによる沿岸都市の熱環境評価

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
武若 聡(九州大学・工学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996
概要(最新報告):
福岡市の百地・地行地区では1984-1987年の間に約140haに及ぶ埋立が行われた.この埋立により市街地は約1km程海から遠のいたことになり,市街地の気温は埋立前に比較して上昇することが予想される.本研究では異なる時期に撮影された10シーンのLandsat衛星データと気象データを用い,海域,埋立地,市街地のアルベド,被覆状況,表面温度などを埋立開始直後から今日までについて推定し,熱収支,気温の上昇量などを見積もった.この際,Landsat衛星データは管区気象台で観測された高層気象データをもとに大気補正をした. 埋立地は当初裸地であったが,その後開発が進み,コンクリート,アスファルトなどにより被覆された.これに対応してアルベド値は埋立の進行とともに増大した.同時に表面温度も上昇し,年の経過とともに隣接する市街地の表面温度と同等となった.アルベド値,表面温度等の値を用いて熱収支の各成分を求めた.大気を加熱する直接の要因である顕熱は埋立地造成直後から増加した.これの主たる原因は表面温度の上昇と粗度の増大である.顕熱の増加量から市街地における気温上昇量を見積もったところ,埋立開始時期には約0.3℃,埋立が完了した段階で約0.6℃であった. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
農業と環境の空間情報技術利用ガイド : リモートセンシング・GIS・GPS利用のために by 農業と環境の空間情報技術利用ガイド編集委員会; 農業環境技術研究所
11
埋立地における都市ごみ焼却灰の風化に伴う二次生成物と重金属の挙動 by 島岡, 隆行; Saffarzadeh, Amirhomayoun; Shimaoka, Takayuki
9.
農業と環境の空間情報技術利用ガイド : リモートセンシング・GIS・GPS利用のために by 農業と環境の空間情報技術利用ガイド編集委員会; 農業環境技術研究所
11.
埋立地における都市ごみ焼却灰の風化に伴う二次生成物と重金属の挙動 by 島岡, 隆行; Saffarzadeh, Amirhomayoun; Shimaoka, Takayuki