C^*一環の指数理論の展開

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

C^*一環の指数理論の展開

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of index theory for C-algebras
責任表示:
綿谷 安男(九州大学・大学院・数理学研究科・教授)
WATATANI Yasuo(九州大学・大学院・数理学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996
概要(最新報告):
V.JonesはII,型factor Mのsubfactor Nに対してMのN-maduleとしてのrankに当たるJones index (MiN)を導入した。そのアイデアは幸崎とLonguによってII型からIII型のfactorの場合にまで拡張された。Pimsnen-Popaのbasisと幸崎の定義にヒントをえて,研究代表者はC^*一環BからそのC^*一部分環Aへの条件付期待値にiB→Aに対してJones indexに相当するIndex Eを導入することに成功した。Swbfactorの構造を解析する方法としては最初はhighe selative commu tantsを調べることがあったが,研究の過程でbimoduleの構造を調べることの重要性が認識された。今回の研究では,C^*一環に対してもそれに対応するHilbest C^* bimoduleの概念を導入し,さらにそれへの(可算離散)群の作用による接合積の構成を提案した。そしてその接合積が既約になるための条件として,ある種のfree性とエルゴード性をみたせば十分であることを発見した。また竹崎一高井の双対定理のhilbert C^*-bimodule版を定式化し,その典型例としてA型とD型のディンキン図形の間の双対性が表われることを示した。さらにbimoduleとそのconzigateを交互にtensur積をとっていた時の既約分解のルールも調べた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
非可換有限幾何 by 綿谷 安男
4
複素力学系と作用素環の研究 by 綿谷 安男; WATATANI Yasuo
6
部分因子環の総合的研究 by 幸崎 秀樹; KOSAKI Hideki
4.
複素力学系と作用素環の研究 by 綿谷 安男; WATATANI Yasuo
6.
部分因子環の総合的研究 by 幸崎 秀樹; KOSAKI Hideki
8.
非可換有限幾何 by 綿谷 安男