スーパー代数とその量子群の表現

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパー代数とその量子群の表現

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Representation of superalgebras and their quantum groups
責任表示:
脇本 實(九州大学・大学院・数理学研究科・教授)
WAKIMOTO Minoru(九州大学・大学院・数理学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996
概要(最新報告):
本年度の研究において,まずN=2 superconformal代数をアフィン・スーパー・リー環から構成する新しい方法を発見した。この方法では長さがゼロのoddルートが本質的に重要な役割をする。これはまさに“スーパー・リー環"なるがゆえの特殊性を利用するものであり,ルート系の構造が同じであっても通常の“(アフィン)リー環"ではうまく行かない。そして,さらにこの手法を拡張することによって,N=4 super-conformal代数をアフィン・スーパー・リー環から構成することに成功した。N=4 super-conformal代数をアフィン・スーパー・リー環から構成することはこれまで知られていなかったと思う。この結果,論文として今準備中である。 本年度はさらに,conformal-super代数の研究も行なった。“conformal-super代数"は,super-conformal代数をもとにして,その概念を頂点作用素代数の手法を用いて少しくmodifyすることにより,マサチューセッツ工科大学のKac教授によってごく最近発見されたスーパー・リー環で,いわばsuper-conformal代数のひとつの“異性体"であるが,これら両者のスーパー・リー環の表現論には,類似点だけでなく顕著な相異があらわれて,それの応用もこめて非常に興味深い研究対象である。conformal-super代数では,ふつうの“単純リー環"ではけっして起こらない奇妙な現象がいろいろと起きている。たとえば既約表現以外の表現は一般に完全可約でない。そこで“表現のextension"が一つの基本的な問題になる。conformal-super代数の表現のextensionについてKac,Cheng両氏と共同研究を行った。conformal-super代数たちの内で最も簡単なヴィラソロ代数の場合でさえ,すでに状況はnon-trivialで,非常な豊富な構造があらわれている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
リー代数と量子群 by 谷崎, 俊之
11
群とその表現 by 服部, 昭
12
可解リー群の誘導表現とその応用 by 井上 順子; INOUE Junko
10.
リー代数と量子群 by 谷崎, 俊之
11.
群とその表現 by 服部, 昭
12.
可解リー群の誘導表現とその応用 by 井上 順子; INOUE Junko