植物ウイルスの干渉効果の機構に関する分子生物学的研究

閲覧数: 17
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

植物ウイルスの干渉効果の機構に関する分子生物学的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Molecular Biological Study on the Mechanisms for Cross Protection of Plant Viruses
責任表示:
高浪 洋一(九州大学・農学部・教授)
TAKANAMI Yoichi(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1999
概要(最新報告):
1.キュウリモザイクウイルス軽症系の一分離株(CMV-m2)のcDNAクローニングならびに全塩基配列決定を行った結果,CMV-m2はCMVsubgroupIIに属することが明らかとなった。 2.SubgroupIに属するCMVはいずれのsubgroupに属するCMVに対しても完全な干渉効果を示した。一方,subgroupIIに属するCMVを一次ウイルスとした場合,干渉効果は不完全であった。 3.DIG標識オリゴDNAプローブを用いたCMV全ゲノムRNAのsubgroup特異的検出法を開発した。さらに,各文節ゲノムRNAごとのsubgroup特異的検出法について検討し,RNA1および3,4検出用プローブを作製した。 4.CMV-m2とsubgroupIの各系統をタバコに同時混合接種した場合,接種葉では両者が増殖したが,上位葉においてはsubgroupIの増殖がsubgroupIIに対して優勢であった。ササゲの接種葉を用いたtissue print hybridization実験から,それぞれのウイルスの第1次感染点を中心とした棲み分けが行われていることが明らかとなった。 5.CMV-m2とマメ科系CMV(CMV-LE)を用いたササゲにおける干渉効果試験では,1次ウイルスの蓄積量と2次ウイルスによる病斑数との間に逆相関が認められた。 6.CMV各系統のRNAの蓄積について,dot blotおよびnorthern blot hybridizationにより検討した結果,subgroupIの感染が成立した組織ではsubgroupIIの感染・増殖が強く抑制されることが示された. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
Essential細胞生物学 by Alberts, Bruce, 1938-; Bray, Dennis; Hopkin, Karen; Johnson, Alexander D.; Lewis, Julian; Raff, Martin C.; Roberts, K.; …
10
Essential細胞生物学 by Alberts, Bruce, 1938-; 中村, 桂子; 松原, 謙一
11
クラーク分子生物学 by Clark, David P.; 秋本, 和憲; 田沼, 靖一
12
Molecular biology of the gene by Watson, James Dewey, 1928-; Roberts, K.
9.
Essential細胞生物学 by Alberts, Bruce, 1938-; Bray, Dennis; Hopkin, Karen; Johnson, Alexander D.; Lewis, Julian; Raff, Martin C.; Roberts, K.; …
10.
Essential細胞生物学 by Alberts, Bruce, 1938-; 中村, 桂子; 松原, 謙一
11.
クラーク分子生物学 by Clark, David P.; 秋本, 和憲; 田沼, 靖一
12.
Molecular biology of the gene by Watson, James Dewey, 1928-; Roberts, K.