規則波中の船の推進性能算定法に関する研究

閲覧数: 29
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

規則波中の船の推進性能算定法に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Calculation Method for Propulsive Performance of Ship in Regular Wave
責任表示:
中武 一明(九州大学・大学院・工学研究科・教授)
NAKATAKE Kuniharu(九州大学・大学院・工学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1998
概要(最新報告):
平成8年度から平成10年度までの研究成果の概要は以下の通りである。 1. 規則波中の抵抗増加と運動計算法の改良を行った。 2. 九大水槽において、貨物船型とタンカー船型のプロペラ面における伴流分布を3本のプロペラ式流速計(直径3mm)を用いて計測し、短波長域でも波があると伴流速度大きくなることを把えることが出来た。 3. 同じ模型船を用いて、規則波中での抵抗試験と自航試験を行った。長さ2.5mという小型模型を用いても、荷重度変更試験を行って、十分意味のあるデータがとれた。 4. 短波長規則波中での船の推進性能を算定するプログラムを作成して、形状が異る3隻の数式船型(長さ150m)に対する計算を実施した。この結果は、定性的に前記自航試験結果を説明するものであった。 5. CFD計算によって、規則波の中での船体まわりの流れをシミュレートできるプログラムを開発した。 6. 静水面より上方の船体形状まで考慮できる、波の中の船体抵抗増加を計算できる。 7. 波浪中で、船首フレアに働く抵抗を計測した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
船の推進性能を改良する前方翼車の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
2
高速船推進性能算定法の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
8
肥大船の推進性能 by 中武 一明
3
高速船の推進性能算定に関する研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
5
船の自航推進性能算定法の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
1.
船の推進性能を改良する前方翼車の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
2.
高速船推進性能算定法の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
3.
高速船の推進性能算定に関する研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
5.
船の自航推進性能算定法の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
8.
肥大船の推進性能 by 中武 一明