九州における農業および農村社会の現状と展望

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

九州における農業および農村社会の現状と展望

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
The Existing-State and Prospect of Agriculture and Rural Society in Kyushu
責任表示:
木下 謙治(福岡県立大学・人間社会学部・教授)
KINOSHITA Kenji(福岡県立大学・人間社会学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1996-1998
概要(最新報告):
1. 九州の農業は、国内での農業生産のシェアを伸ばし、生産額も全国平均をかなり上回る数値をあげてきた。しかし、農外所得が低いために、農家所得は都府県平均の8割程度にとどまっている。 2. 九州の各地で、佐賀県の代表的な水田地帯のようなところまで含めて、有力な専業農家は稲作への依存度を低めている。土地利用型農業の衰退化といえるが、それとともに、水田を如何に維持してゆくかが大きな問題となってきている。集落営農、機械共同利用組合、農作業センターなど様々な共同が必要となってきている。 3. 南九州を中心とする畑作地帯では、茶、疏采園芸、花卉、畜産など多様な生産活動が展開しており、水田地帯よりも見通しは明るい。畑作地帯が有望となってきた背景には畑地潅漑が進展してきたことが大きい。いっそうの潅漑施設の整備が望まれる。゙ 4. 中山間地の農林業については、大分県上津江村でみたように、複雑な山間立地にみあった複合経営が必須である。そして、それを補うものとして、地場産業起こしが必要である。いわゆる、官民一体の地域づくりの運動の中に農林業を位置づけねばならない。 5. 九州の農業を担っている中核的農家は、直系的家族である。家的な構成は、やはり、農家では今後とも維持されてゆくであろう。家=家父長制と考える必要はない。21世紀においても、農業の中心的な担い手は農家であると思われる。 6. グローバルにみれば、九州農業は、日本農業と同じく零細な小農経営にとどまっている。むらに関わる共同は、なお、必要である。しかし、自治組織と生産組織との乖離は進んでいる。新しい農村コミュニティの形成も視野にいれなければならない。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
中山間地域における農業・農村整備事業と環境保全(1) : 圃場整備と環境への負荷 by 落合, 一奈; 弓削, こずえ; 中野, 芳輔; 甲斐, 諭; Ochiai, Kazuna; Yuge, Kozue; Nakano, Yoshisuke; Kai, Satoshi
7
まちづくり学 : アイディアから実現までのプロセス by 西村, 幸夫; 石塚, 雅明; 木下, 勇; 浅海, 義治; 高見沢, 実; 藤田, 忍; 小林, 郁雄; 岸本, 幸子
8
大学発「地域貢献・再生論」について by 松村, 邦彦; Matsumura, Kunihiko
12
韓国におけるマウルマンドゥルギの動向と特徴に関する研究 by 金, 昭淵; Kim, Soyeon; 坂井, 猛; Sakai, Takeru
1.
中山間地域における農業・農村整備事業と環境保全(1) : 圃場整備と環境への負荷 by 落合, 一奈; 弓削, こずえ; 中野, 芳輔; 甲斐, 諭; Ochiai, Kazuna; Yuge, Kozue; Nakano, Yoshisuke; Kai, Satoshi
7.
まちづくり学 : アイディアから実現までのプロセス by 西村, 幸夫; 石塚, 雅明; 木下, 勇; 浅海, 義治; 高見沢, 実; 藤田, 忍; 小林, 郁雄; 岸本, 幸子
8.
大学発「地域貢献・再生論」について by 松村, 邦彦; Matsumura, Kunihiko
12.
韓国におけるマウルマンドゥルギの動向と特徴に関する研究 by 金, 昭淵; Kim, Soyeon; 坂井, 猛; Sakai, Takeru