ネズミ糞線虫幼虫のラット体内移行の研究、特にケモタキシスの役割

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネズミ糞線虫幼虫のラット体内移行の研究、特にケモタキシスの役割

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
多田 功(九州大学・医学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995
概要(最新報告):
ネズミ糞線虫感染型幼虫(L_3)がどのような機構でラットのターゲット臓器に到達するかを解明するためケモタキシスと移行経路を検討した。1)まずin vitroの実験ではアガロース寒天平板上で幼虫はラット、モルモット、牛、ブタ、ハムスターの血清(50%v/v)に顕著な集積を示し、牛血清では濃度に比例して幼虫集積性は低下した。次にCentricon10を用いて透析血清中蛋白と無機質分離を行いテストしたところ、10KDa retentateには顕著な集積性を示した。逆に10KDa filtrateでは著しい低下が認められた。この低下は0.85%NaCLを添加するとほぼ同じレベルまで回復した。更にL_3はアルブミンに対してラット血清と同等の集積性を示したが、集積性は濃度に比例した。3.5%の透析ペプトン、トリプトース、トリプトン、還元型グルタチオンの中ではペプチン類3種に対し集積性を示した。ネズミ糞線虫L_3は哺乳動物の血清蛋白に集積性を示すが、分子量が小さくなるに従って低下し、アミノ酸や小さなペプチドには全く反応しないことが明らかとなった。2)in vivoにおけるネズミ糞線虫L_3のラット頭部内移行とその経路を可視的に観察するため、オートラジオグラムを行った。L_1を糞便内のステージで^<35>S-methionineをもってラベルし、4日間培養して得たL_33,000個体をラットに皮下注射で投与した。24-26時間後に感染ラット頭蓋部を液体窒素で凍結して各方向の割断面にX-線フイルムを密着させ、10日間冷凍庫中に放置し、フイルムを現像した。その結果、ラベルされたL_3に対応するドット分布は以前私達が観察した区域(Tada et al、1979)に見られ、この寄生虫の頭部移行を確実に示した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

12
日本における糞線虫と糞線虫症 by 城間, 祥行; 佐藤, 良也
12.
日本における糞線虫と糞線虫症 by 城間, 祥行; 佐藤, 良也