希少種ヤクタネゴヨウの増殖と保全に関する研究

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

希少種ヤクタネゴヨウの増殖と保全に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Study of conservation and proliferation of Pinus armandii var.amamiana
責任表示:
玉泉 幸一郎(九州大学・農学部・助教授)
GYOKUSEN Koichiro(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
屋久島におけるヤクタネゴヨウの分布,その林分の植生および構造を調査した結果,以下の生態的特性が明らかとなった。 ヤクタネゴヨウは標高900mまで分布し,これまでの報告より高い標高まで分布したことが確認され,さらに高い標高まで分布する可能性が指摘された。 ヤクタネゴヨウの分布地は,基岩が露出している急峻な尾根筋の崩壊跡地であり,ヤクタネゴヨウはツガ,スギおよびヒノキなどの針葉樹と高木層を構成し,その林冠下にはヤクシマシャクナゲやヤマモモなどの陽性樹種が特異的に出現した。このことから,ヤクタネゴヨウは,林冠層破壊や土壌流出などの撹乱後に一斉更新していることが推察された。 ヤクタネゴヨウは高木層や亜高木層に多く分布したが,低木層以下に後継樹の生育はみられなかった。このことから,ヤクタネゴヨウはその林分において遷移の進行に伴って衰退していく種と判定された。 ヤクタネゴヨウの種子は大型で翼が未発達であることから,その多くは母樹の樹冠下に多く散布されることが明らかとなった。 ヤクタネゴヨウの成熟胚を外植体として増殖培地を検討したところ,BAP1〜2ppmを添加したDCR培地とWS培地で良好な生育が認識された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
九州大学宮崎演習林における長期森林動態モニタリングプロット8年間の推移 by 緒方, 健人; Ogata, Taketo; 菱, 拓雄; Hishi, Takuo; 田代, 直明; Tashiro, Naoaki; 榎木, 勉; Enoki, Tsutomu; …
9
カラマツ人工林の林分側断面積と林分構造の関係 by 長, 正道; 馬渕, 哲也; Cho, Masamichi; Mabuchi, Tetsuya
4
スギ林冠の炭酸ガス固定機能の評価に関する研究 by 斉藤 明; 玉泉 幸一郎; GYOKUSEN Koichiro
5
九州大学宮崎演習林の長期森林動態モニタリングプロット by 榎木, 勉; 久保田, 勝義; 鍛治, 清弘; 壁村, 勇二; 椎葉, 康喜; 井上, 幸子; 内海, 泰弘; Enoki, …
12
樹林帯での土砂石の氾濫堆積に関する研究 by 丸谷 知己; MARUTANI Tomomi
4.
スギ林冠の炭酸ガス固定機能の評価に関する研究 by 斉藤 明; 玉泉 幸一郎; GYOKUSEN Koichiro
5.
九州大学宮崎演習林の長期森林動態モニタリングプロット by 榎木, 勉; 久保田, 勝義; 鍛治, 清弘; 壁村, 勇二; 椎葉, 康喜; 井上, 幸子; 内海, 泰弘; Enoki, …
7.
九州大学宮崎演習林における長期森林動態モニタリングプロット8年間の推移 by 緒方, 健人; Ogata, Taketo; 菱, 拓雄; Hishi, Takuo; 田代, 直明; Tashiro, Naoaki; 榎木, 勉; Enoki, Tsutomu; …
9.
カラマツ人工林の林分側断面積と林分構造の関係 by 長, 正道; 馬渕, 哲也; Cho, Masamichi; Mabuchi, Tetsuya
12.
樹林帯での土砂石の氾濫堆積に関する研究 by 丸谷 知己; MARUTANI Tomomi