Oryza glaberrima染色体置換イネの作出と評価-逆向形質分析の試み-

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

Oryza glaberrima染色体置換イネの作出と評価-逆向形質分析の試み-

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
DEVELOPMENT AND EVALUATION OF CHROMOSOME SUBSTITUTION LINES INTROGRESSED FROM ORYZA GLABERRIMA -A TRIAL FOR REVERSED TRAIT ANALYSIS-
責任表示:
吉村 淳(九州大学・農学部・助教授)
YOSHIMURA Atsushi(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
Oryza glaberrimaの持つ普遍的形質の遺伝的解明と育種的利用を目的として,Marker Aided Selection(MAS)によるOryza glaberrima染色体置換イネの作出とそれらの形質評価を行った. 台中65号(Oryza sativa L.)にO.glaberrimaを交配したF_1に,台中65号を戻し交配して得られた65個体からなるBC_1F_1集団をもとに,RFLP地図を作成した.RFLP地図は,101マーカーからなり,マーカーの配列およびマーカー間の距離は既報の日印交雑による地図と同じであった.マーカーの分離はほとんどの領域で正常だったが,染色体6のXNpb209からXNpb172の領域では,glaberrimaの対立遺伝子が高い頻度で後代に伝達した. 次に,44個体のBC_1F_1に由来する99個体のBC_2F_1を用いて,出穂期と花粉稔性のQTL解析を行った.その結果,出穂期に関しては,染色体1,6,10で1%水準で有意な領域が検出された.染色体1,6のものはglaberrimaの遺伝子が出穂を遅くする方向に働き,染色体10のものは逆であった.花粉稔性に関しては,染色体3,7,10に有意な領域が検出され,いずれもヘテロ接合体の稔性が低かった.染色体10のものは強い作用を持ち,XNpb333近傍の領域でglaberrimaの染色体を持つ個体の花粉稔性はほぼ0%だった. 染色体置換イネの作出は,BC_1F_1,BC_2F_1,BC_3F_1において,個体数約100,選抜マーカー数約100の規模でMASを滞りなく進めた.現在,B_3F_2世代900個体のMASにとりかかっている. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
Association of SNPs in AMY1A and AMY2A genes with chicken meat quality and clinical–chemical traits in chicken by Seo, Dongwon; Park, Hee-Bok; Choi, Nuri; Jin, Shil; Heo, Kang-Nyeong; Jo, Cheorun; Gotoh, Takafumi; 後藤, 貴文; …
2
イネの遺伝子マッピングの新展開 by 岩田 伸夫; IWATA Nobuo
8
QTL分析による浮稲の節間伸長制御機構の解明 by 望月 俊宏; MOCHIZUKI Toshihiro
3
Interspecific Difference in Growth Perenniality in Rice Cultivars, Oryza sativa L. and O. glaberrima Steud. by Kawahara, Teruhiko; Kubota, Fumitake; Hirao, Kenji; Saitou, Kazuyuki; Agata, Waichi; 川原, 照彦; 窪田, 文武; …
6
Quantitative Trait Loci (QTLs) Associated with Drought Tolerance in Vietnamese Local Rice (Oryza sativa L.) by Nguyen, Nguyet M. T.; Hoang, Long H.; Furuya, Naruto; Tsuchiya, Kenichi; Nguyen, Thuy T. T.; 古屋, 成人; 土屋, 健一
2.
イネの遺伝子マッピングの新展開 by 岩田 伸夫; IWATA Nobuo
3.
Interspecific Difference in Growth Perenniality in Rice Cultivars, Oryza sativa L. and O. glaberrima Steud. by Kawahara, Teruhiko; Kubota, Fumitake; Hirao, Kenji; Saitou, Kazuyuki; Agata, Waichi; 川原, 照彦; 窪田, 文武; …
6.
Quantitative Trait Loci (QTLs) Associated with Drought Tolerance in Vietnamese Local Rice (Oryza sativa L.) by Nguyen, Nguyet M. T.; Hoang, Long H.; Furuya, Naruto; Tsuchiya, Kenichi; Nguyen, Thuy T. T.; 古屋, 成人; 土屋, 健一
7.
Association of SNPs in AMY1A and AMY2A genes with chicken meat quality and clinical–chemical traits in chicken by Seo, Dongwon; Park, Hee-Bok; Choi, Nuri; Jin, Shil; Heo, Kang-Nyeong; Jo, Cheorun; Gotoh, Takafumi; 後藤, 貴文; …
8.
QTL分析による浮稲の節間伸長制御機構の解明 by 望月 俊宏; MOCHIZUKI Toshihiro