石英・蛍石混合懸濁粒子のゼータ電位測定

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

石英・蛍石混合懸濁粒子のゼータ電位測定

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Zeta Potential Measurement of Mixed Particles of Quartz and Fluorite in Aqueous Suspersion
責任表示:
原 剛(九州大学・工学部・助手)
HARA Tsuyoshi(九州大学・工学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
鉱山廃水処理をはじめ、懸濁液中で微粒子を扱うプロセスにおいては微粒子の凝集・分散現象を明確に把握することが重要である。そこで、申請者は、これまでに凝集・分散現象を規定する要因の1つであるゼータ電位に着目し、顕微鏡電気泳動測定装置を用いて、単一鉱物粒子のゼータ電位の測定に関する研究を行ってきた。しかし、実際の鉱山廃水等の懸濁液中には鉱物が単一で存在することは少ない。従って、複数の鉱物粒子が混在した懸濁液中での鉱物粒子のゼータ電位を測定する必要がある。そこで、本研究では、単一鉱物懸濁粒子としては、反対の電位を持つ石英と蛍石を試料として、石英・蛍石混合懸濁粒子のゼータ電位測定を行った。その結果、測定条件によっては、粒子同志の凝集による二次粒子の形成、或いはゼータ電位の符号が異なる石英と蛍石の1次粒子が混在した状態がセル内の懸濁粒子の動きから確認された。そのために、従来の方法では測定と解析が困難な場合がでてきた。この問題を解決するために、申請者等は、装置,測定方法および解析法の改良を行った。とくに、セル内の懸濁粒子の移動速度の測定個数を各レベルで大幅に増やし、その測定したデータを統計的に処理した。 以上のように、改良された方法で、石英・蛍石2種類の混合懸濁粒子のゼータ電位を測定し、良好な結果が得られた。この結果から、実際に鉱山廃水等の懸濁液の場合のように、多くの複数鉱物粒子が混在する懸濁液についてもゼータ電位を測定することが可能となった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
無機粉体スラリーを用いたコンクリートの流動性向上効果に関する研究 : スラリーのゼータ電位とコンクリートの流動性に関する検討 by 小山, 智幸; 松本, 尚樹; 伊藤, 是清; 小山田, 英弘; 松藤, 泰典; Koyama, Tomoaki; Matsumoto, Naoki; …
8
レーダー高度計による海洋波探査法の開発 by 吉富 邦明; YOSHITOMI Kuniaki; 立居場 光生
4
有明軟弱粘土の圧密と強度特性 by 高山 昌照; TAKAYAMA Masateru
10
螢石及螢石鑛床 by 門田, 重行
11
螢石及螢石鑛床 by 門田, 重行
1.
無機粉体スラリーを用いたコンクリートの流動性向上効果に関する研究 : スラリーのゼータ電位とコンクリートの流動性に関する検討 by 小山, 智幸; 松本, 尚樹; 伊藤, 是清; 小山田, 英弘; 松藤, 泰典; Koyama, Tomoaki; Matsumoto, Naoki; …
4.
有明軟弱粘土の圧密と強度特性 by 高山 昌照; TAKAYAMA Masateru
8.
レーダー高度計による海洋波探査法の開発 by 吉富 邦明; YOSHITOMI Kuniaki; 立居場 光生
10.
螢石及螢石鑛床 by 門田, 重行
11.
螢石及螢石鑛床 by 門田, 重行