キイロショウジョウバエにおける性行動に関与する遺伝子の解析

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

キイロショウジョウバエにおける性行動に関与する遺伝子の解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Genetical analysis of sexual behavior in Drosophila melanogasteranalyzes
責任表示:
仁田坂 英二(九州大学・理学部・助手)
NITASAKA Eiji(九州大学・理学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
本最近、種分化のきっかけとなるような性的隔離は雌によって支配されているという証拠がアフリカのキイロショウジョウバエ集団において得られた。これはアフリカ集団の雌は同一集団の雄は受け入れるが、他集団の雄を受け入れなくなっておりこのような隔離がある集団が他種へと分化していくきっかけとなる。 本年度は前年にひきつづき配偶行動遺伝子の分子レベルでの解析に加え、上述の事実を踏まえて、配偶行動突然変異のスクリーニングを行った。具体的にはP因子で突然変異を起こしたキイロショウジョウバエの雌にオナジショウジョウバエの雄を交配し、交尾率が高くなった、つまり雌が他種を拒絶しなくなったような突然変異系統を選抜した。もとの系統はこのスクリーニングに用いたオナジショウジョウバエの雄とはほとんど交尾しない。約2500系統から37系統に雑種が生まれ、それらについて数度同じ実験をくりかえした。その結果この高い交尾率という表現型の再現性は非常に高いことが明らかになった。これらの系統について現在P因子の挿入部位を解析しておりこの中には、例えば雌における雄の拒絶行動に関係することがわかっている性ペプチドに変異があるものもあるかもしれない。 またキイロショウジョウバエと交尾率の高い別系統のオナジショウジョウバエの雄と交配して、本来この交配では出現しない雄が出てくるような系統のスクリーニングも約3000系統について同時に行った。その結果191(6.4%)の系統で少なくとも一匹の雄が出現したがほとんどが雌でのX染色体不分離によるものであった。また3系統については不分離に由来するものではなかった。しかし、これらの系統について再度同様のテストを繰り返したが再現性はほとんど認められず、救済された雄の数は生殖細胞で不分離が起こった時期に依存していると考えられた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

12
メキシコ・ブラジル産ステビア属の種分化 by 矢原 徹一; YAHARA Tetsukazu
12.
メキシコ・ブラジル産ステビア属の種分化 by 矢原 徹一; YAHARA Tetsukazu