スポーツ選手のキャリア・パターン及びリタイアメントに関する社会学的研究

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ選手のキャリア・パターン及びリタイアメントに関する社会学的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Sociological Study on Career Pattern and Refirement of Athletes
責任表示:
吉田 毅(九州大学・健康科学センター・助教授)
YOSHIDA Takeshi(九州大学・健康科学センター・助教授)
多々納 秀雄(九州大学・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
一流選手のキャリア・パターンを明らかにするために、16校の一流サッカー選手たちを対象に調査を行った。また、スポーツキャリア形成過程をめぐる日本的特徴を明らかにするために、ユニバ-シア-ド競技大会参加選手を対象に国際比較調査を行った。ここでは、紙幅の都合上、前者についてのみ報告する。選手たちは非常に早期から、ほとんど独占的にサッカーと関わっていた。生活においても、小学校時代よりサッカーが中心を占め、また多くが一流選手になりたいという指向性を持っていた。彼らの主たる活動の場は、地域や学校のクラブであった。始めるきっかけは、自分の判断やメディア、友人の影響が大きかった。サッカーとの関わりで中学校への進学を考えた者は少数であったが、多くの者にとって、進学する高校の選択には、サッカー環境は重要な要因であった。現在、4割以上が遠征に年間1月〜2月を費やしており、そのことが将来の進学や就職、勉強への不安となって現れているようであった。卒業後は4割以上が大学への進学を希望しており、すぐにプロとして活躍したいとする者は意外にも少なかった。 スポーツ選手のリタイアメントについては、過去に大学で活躍した人々を対象に調査を行った。その主な結果は次のようなものであった。彼らは大学時代、生活の多くを犠牲にして競技に取り組んでおり、4割以上が将来一流選手になることを強く願っていた。2割は、大学への進学はスポーツの推薦入学であった。8割近くが大学卒業後も実業団・教職員チームなどで競技選手としての活動を続けていた。引退の決断は自発的なもので、体力や意欲の減退、時間的な制約などが主な理由であった。多くは、競技生活について後悔の念を抱いてはいなかった。引退後の職業生活上の困難を感じている者は少数であった。これは、多くが体育やスポーツに関わりのある職業を得ることができたためと考えられる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
スポーツ選手のためのキャリアプランニング by Petitpas, Albert J., 1947-; 田中ウルヴェ, 京; 重野, 弘三郎
10
The sociology of retirement by Atchley, Robert C.
6
スポーツの世界は学歴社会 by 橘木, 俊詔; 齋藤, 隆志
3.
スポーツ選手のためのキャリアプランニング by Petitpas, Albert J., 1947-; 田中ウルヴェ, 京; 重野, 弘三郎
6.
スポーツの世界は学歴社会 by 橘木, 俊詔; 齋藤, 隆志
10.
The sociology of retirement by Atchley, Robert C.