バイオテクノロジーにおける法と作法

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオテクノロジーにおける法と作法

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
THE LAW AND THE BEHAVIOR IN THE BIOTECHNOLOGY
責任表示:
緒方 靖哉(九州大学・農学部・教授)
OGATA Seiya(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1997
概要(最新報告):
本研究の成果として、研究代表者及び分担者の所属する九州大学大学院農学研究科遺伝子資源工学専攻と法学部の教官が担当し、遺伝子資源工学専攻及び法学部の学生を対象に「バイオテクノロジー概論」及び「バイオテクノロジー法学概論」と題する学際講義を、この三年間にわたり開催した。平成7年度には、「バイオテクノロジーと法」と題するシンポジウムを開催し、バイオテクノロジーにおける知的所有権の問題を取り上げ、バイオテクノロジーの分野における法の関与に関し議論を行った。また日本農芸化学会主催の第20回化学と生物シンポジウムにおいて、本研究分担者である法学部教官が全面的に協力し、遺伝子導入生物の法学的見地からの解釈について討論を行った。平成8年度には、LHL(Life-Human-Law)研究会を三回開催し、バイオテクノロジーにおける成果物の知的財産としての保護のあり方、生物資源情報に関する問題点と法学的な保護のあり方及び現実に行われたDNA鑑定と現時点におけるDNA鑑定の根本的な問題点などについて、活発な討論会を行った。また九州バイオテクノロジー研究会・平成8年度技術講習会を開催し、バイオテクノロジーにおける基礎技術の公開とその提供を行った。平成9年度においては、本研究主催で“理系と文系の情報交流の現状と今後の課題"と題する公開シンポジウムを開催した。本シンポジウムにおいては、財団法人工業所有権協力センター・広田洋二郎氏及び福岡県弁護士会・岩田務氏を招聘し、討論会を行った。さらに本研究分担者、農学、法学研究科大学院生をパネラ-とし、法学・農学研究科における大学院学際講義の現状の把握と今後に向けた問題点の整理・検討を行った。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
製造物責任法による判例の動向 by 阿部, 道明; Abe, Michiaki
5
医学の発展と親子法 by 松川, 正毅
5.
医学の発展と親子法 by 松川, 正毅
9.
製造物責任法による判例の動向 by 阿部, 道明; Abe, Michiaki