海洋居空間の感性評価に基づく環境設計に関する研究

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

海洋居空間の感性評価に基づく環境設計に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A Study on Sensitive Evaluation for Environmental Design of Marine Living Spaces
責任表示:
福地 信義(九州大学・工学部・教授)
FUKUCHI Nobuyoshi(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
海洋都市構想の出現やクルーズ客船の建造増加などに伴い、快適空間の創出が強く求められ、これが付加価値の最重要な要因となっている。海洋空間利用構造における快適空間の形成には、温熱環境、視聴覚環境、動環境等の環境設計を行う必要があるが、これには、個人差、主観によるあいまいさを含めた数量化された基準を必要とし、,また、種々の快適要因を総合的に評価する感性評価のための手法の構築が不可欠であり、新たに環境設計の手法の確立が望まれている。 本研究では感性設計の応用的研究として、感性情報を処理し快適度を評価するために、空間環境の快適性の概念構造を形容語情報により調べ、計測される感覚情報と概念的感情情報とを関係づけた快適性の評価構造を、ファジィ理論と評価解析法によりモデル化し評価選定システムを構築した。また開発された評価システムを居住空間の快適度評価に適用し、クルーズ客船の客室における環境設計を試みることにより、本研究の実際問題の適応性を確かめた。さらに、居住空間および暴露環境下における快適性のための人体温熱制御に関する数学モデルを構築し、快適度と快適さの限界条件を調べた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
応急仮設住宅の居住環境に関する課題の整理と夏期温熱環境実測調査 by 岡本, 直樹; Okamoto, Naoki; 赤司, 泰義; Akashi, Yasunori; 住吉, 大輔; Sumiyoshi, Daisuke
2
PEFC-CGSと温水式床暖房の併用効果に関する研究 : 省エネルギー効果と室内温熱環境について by 綾垣, 伸康; 尾崎, 明仁; 黒木, 洋; 高口, 洋人; 渡辺, 俊行; Ayagaki, Nobuyasu; Ozaki, Akihito; Kuroki, …
1.
応急仮設住宅の居住環境に関する課題の整理と夏期温熱環境実測調査 by 岡本, 直樹; Okamoto, Naoki; 赤司, 泰義; Akashi, Yasunori; 住吉, 大輔; Sumiyoshi, Daisuke
2.
PEFC-CGSと温水式床暖房の併用効果に関する研究 : 省エネルギー効果と室内温熱環境について by 綾垣, 伸康; 尾崎, 明仁; 黒木, 洋; 高口, 洋人; 渡辺, 俊行; Ayagaki, Nobuyasu; Ozaki, Akihito; Kuroki, …