少数多体系の厳密解とその応用

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

少数多体系の厳密解とその応用

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Exact Solwtion of Few-Body Systems and Its applications
責任表示:
上村 正康(九州大学・理学部・助教授)
KAMIMURA Masayasu(九州大学・理学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1997
概要(最新報告):
少数多体系の厳密解法として多くの有用な方法を開発した。特に、ガウス型基底関数を用いるチャネル結合変分法、確率論的変分法、ファデ-エフ-ヤクボフスキー法、連続チャネル離散化法などで大きな進展があった。 これらの方法は具体的な課題に多用され多くの成果を上げたが、数例をつぎに上げる。 (1)3体問題の中でクーロン力のもつ非正則性を取り扱う方法として、補助クーロン・ポテンシャルの導入による変形Faddeev方程式の方法を、3体分裂しきい値以下のエネルギーでの3核子散乱問題に対して適用し、その有効性を示した。 (2)反陽子ヘリウム原子の異常な長寿命状態(J=30-40)の精密レーザー実験データを、ガウス型基底関数組み替えチャネル変分法を用いて解析し,状態間遷移の光子の波長を6桁の精度で計算を実行し、7個のレーザー実験データ(精度6桁)の説明に成功した。 (3)同じく、チャネル結合変分法をハイパー核の3、4体クラスター系に適用し、A=4,7,13の核について、レベル構造とハイペロン-核子相互作用、特にスピン依存力との関連を明らかにした。 (4)3核子系中間状態を考慮する事により、ハイパートリトンの非中間子崩壊の機構を解明した。 (5)確率論的変分法をポジトロニウム分子(4体系)に適用し、新たに、4.9MeVのL=1励起状態を理論的に発見した。この状態から基底状態へのE1遷移が観測されるならば、この分子の存在を確認する事ができる。 (6)4体反応2H(d,n)3He,2H(d,p)3Hを4体Faddeev-Yakubovsky方程式によって, Parisポテンシャルを用いて解析し、実験値をかなりよく再現した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
不安定核の構造と反応の理論的研究 by 上村 正康; KAMIMURA Masayasu
4
連続状態離散化チャネル結合法(CDCC法)による原子核反応解析コード : (そのI) : cdcc 核ポテンシャルの算出 : 新登録プログラムライブラリの紹介 by 井芹, 康統; Iseri, Yasunori; 上村, 正康; Kamimura, Masayasu; 八尋, 正信; Yahiro, Masanobu; 櫻木, 弘之; …
2.
不安定核の構造と反応の理論的研究 by 上村 正康; KAMIMURA Masayasu
4.
連続状態離散化チャネル結合法(CDCC法)による原子核反応解析コード : (そのI) : cdcc 核ポテンシャルの算出 : 新登録プログラムライブラリの紹介 by 井芹, 康統; Iseri, Yasunori; 上村, 正康; Kamimura, Masayasu; 八尋, 正信; Yahiro, Masanobu; 櫻木, 弘之; …