制癌剤によるアポトーシスと耐性誘導に関する分子機序

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

制癌剤によるアポトーシスと耐性誘導に関する分子機序

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
河野 公俊(九州大学・医学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995
概要(最新報告):
制癌剤によるストレス応答としてシグナル伝達、耐性株の樹立及び細胞内防御システムの解析を進めた。特にシグナル伝達の収れんする細胞内標的更に形質発現に必須の転写因子の解析に主眼を置いた。 (1)DNAトポイソメラーゼIIα遺伝子の耐性化に伴う発現低下の機序としてSp1ファミリー遺伝子の発現の関与を明かにした。 (2)制癌剤による酸素ラジカルの発生に伴う細胞応答として転写因子の活性化及び防御機序としてのチオレドキシンの関与を解析した。 (3)ヒト多剤耐性遺伝子(MDR1)1.5Mbコンテイグマップの作成、更にそのマウス細胞導入株での発現誘導に成功した。 (4)薬物解毒機構としてのグルタチオン系に作用するBSOに対する耐性細胞を樹立し解析した。 MDR1遺伝子の転写因子MDR-NF1/YB-1のクローニング抗体作成、アンチセンス導入株の樹立、ゲノムクローンの解析を進め、現在投稿中である。 続きを見る
本文を見る

類似資料: