c-Metプロトオンコジーンファミリーのリガンドの解明と機能解析

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

c-Metプロトオンコジーンファミリーのリガンドの解明と機能解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
水野 健作(九州大学・理学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995
概要(最新報告):
c-Metプロトオンコジーン産物はチロシンキナーゼ型レセプターをコードしており、肝細胞増殖因子(HGF)のレセプターである。トリ赤芽球症ウイルスのもつオンコジーンv-seaの細胞性ホモログc-Seaはc-Metと相同性が高く、c-Metレセプターファミリーの一員であると考えられる。私たちはHGFに類似した新たな細胞増殖因子を見い出すことを目的として、c-Sea全域のcDNAクローニングを行い、レセプターの細胞外ドメインとリガンドの高い親和性を利用して、c-Seaのリガンドの精製、クローニングを試みた。また、c-SeaのcDNAクローニングの過程で見い出した新規なチロシンキナーゼ型レセプターであるSkyと新規な細胞内セリン/スレオニンキナーゼであるLIMKの機能についても解析を行った。Skyについてはリガンドの同定を行った。 1)トリ肺cDNAライブラリーよりトリc-SeaのcDNA全コーディング領域をクローニングした。c-Seaのリガンドについてはいまだ不明である。 2)ヒトc-SeaのcDNAをスクリーニングする過程で2種の新規なプロテインキナーゼSkyとLIMK1のcDNAをクローニングした。さらに、LIMK1と相同性の高いLIMK2,精巣に高発現するTESK1の2種の新規なプロテインキナーゼのcDNAをクローニングした。 3)SkyのリガンドがGas6(growth arrest-specific gene 6遺伝子産物)であることを明らかにした。 4)LIMK1は主に細胞質に局在するセリン/スレオニンキナーゼであることを明らかにした。LIMK1に結合するチロシンリン酸化蛋白質pp140の存在を明らかにした。 続きを見る
本文を見る

類似資料: