生命と無機リン化合物のかかわり;分子進化における希土類の役割

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

生命と無機リン化合物のかかわり;分子進化における希土類の役割

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
予座 範政(九州大学・理学部・助教授)
与座 範政(九州大学・理学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995
概要(最新報告):
1.リン化合物の分解速度を追跡するために、フローインジェクション分析法による迅速な選択的分析法(1時間に約100サンプル)を開発した。反応コイル中でのポリリン酸塩やモノフルオロリン酸塩の加水分解反応と呈色反応を同時に進行させるために高温高圧リアクターを設計した。 2。無機リン化合物とその酵素分解生成物を同時分析するために、フローインジェクションシステムを検出系とする高速液体クロマトグラフィーを設計した。分離カラム(イオン交換)や溶離液の適合性を検討し、重合度や酸化数の異なる種々のリン化合物の分析法の最適化をはかった。 3。酸素反応を追跡できるように、P-31NMRの測定条件の最適化をはかった。加水分解の途中でpHが変動するので、それを制御する方法の工夫、無機リン化合物のNMRパラメーターのpH依存性を検討した。 4.種々の希土類元素がピロリン酸の酵素分解反応に対して著しく疎外することを確認した。例えば、ランタンは極低濃度(nMオーダー)でも疎外した。ミカエリスーメンテンモデルで加水分解度のデータを解析し、阻害反応のメカニズムを提唱した。ランタンが最も阻害効果が大きく、原子量の増大につれて阻害効果は減少した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
リンの動態と富栄養化発現の予知指標 by 与座 範政; YOZA Norimasa
1.
リンの動態と富栄養化発現の予知指標 by 与座 範政; YOZA Norimasa