法律エキスパートデータベースシステムの構築

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

法律エキスパートデータベースシステムの構築

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
松尾 文碩(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995
概要(最新報告):
昨年度から本年度の初めにかけて,国連売買条約(CISG)の第II部に関する推論システムを作成した.このシステムは,基礎原子式書換系に基づくRegaと呼ぶ規則推論(RBR)方式を採用している.この規則の前提は,関数自由原子論理式列であり,後提は原子論理式列である.Regaによって,比較的短期間にCISGの第II部に関する推論システムを構築することができた.また,このシステムが高速で安定していることから,この方式のRBRとしての有効性を検証することができた.しかし,一方,論理式形式の規則ベースを開発者以外の者が理解することは,容易ではないことも判明した. そこで,CISGのための知識表現言語として格文法的構造をもった言語の設計を行なうことにし,CISGを格構造化するための研究を行なっている.本年度は,格構造化の方法について研究した.その結果,一部の少数の動詞を除いて,品詞的曖昧さと意味的曖昧さがなく,また軽動詞的用法も少ないことがわかった.さらに,構文的意味的曖昧さが多い基本的動詞の生起が比較的少ないこともわかった.このことは,法律文の格構造化が,ある意味で日常文よりも易しいことを示すものである.そこで,CISGに生起したほとんどすべての動詞について格フレームを付与する作業を行なった. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
ロシア語の体の用法 by 原, 求作
9
「伊京集」の言語 by 柏原, 卓; Kashiwabara, Suguru
11
英語の使い方 by 今井, 邦彦
8.
ロシア語の体の用法 by 原, 求作
9.
「伊京集」の言語 by 柏原, 卓; Kashiwabara, Suguru
10.
おもろさうしの動詞の研究 by 高橋, 俊三
11.
英語の使い方 by 今井, 邦彦