環境管理を考慮した工業地開発計画立案支援エキスパートシステムの途上国への適用

閲覧数: 12
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

環境管理を考慮した工業地開発計画立案支援エキスパートシステムの途上国への適用

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Expert System for Supporting Industrial Development Plan
責任表示:
萩島 哲(九州大学・工学部・教授)
HAGISHIMA Satoshi(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1997
概要(最新報告):
環境管理計画、工業立地計画等のエキスパートの知識を収集してルールベースを作成、ついでメッシュデータを作成して、次のエキスパートシステムの5つのサブシステムを構築した。 1.環境管理計画立案支援エキスパートシステムは、自然環境保全地域、公害・災害規制地域、快適環境創造地域の3っの区域を主なアウトプットとした。 2.土地利用構想支援エキスパートシステムは、工業地開発の基本となる土地利用構想図を立案する支援システムを構築した。アウトプットは山林地、河川・湿地、緑地、留保地、住居地、商業地、工業地である。 3.歩行者空間計画立案支援エキスパートシステムは、道路の断面交通量に応じて、街路構成と歩道幅員を決定するシステムとした。 4.工業地開発に支援エキスパートシステムは、土地利用構想図で出力された工業地を都市型工業、農村型工業、装置型工業、資源型工業等に判定可能なシステムとした。 5.公害防止適用段階設定エキスパートシステムは、法制度や防止技術を運用する段階を判定システムとした。 ついで日本では大分市、韓国では木浦市に適用し、用途地域指定との関連で分折して妥当性を確かめた。さらにインドネシアではウジュンパンダン市に適用し、現地の研究者、行政担当者との討論の結果その判定の結果の妥当性を確かめ、本システムの汎用性を確認した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

6
エキスパートシステム by 石塚, 満; 小林, 重信; 菅野, 卓雄
6.
エキスパートシステム by 石塚, 満; 小林, 重信; 菅野, 卓雄