炭化弗素と炭化水素よりなる両親媒性物質の2次元物性に関する動的過程の解析

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

炭化弗素と炭化水素よりなる両親媒性物質の2次元物性に関する動的過程の解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
The Study on Two Dimensional Dynamic Process of Ionic Surfactants Composed of Fluorocarbon and Hydrocarbon Ions
責任表示:
柴田 攻(九州大学・薬学部・助教授)
SHIBATA Osamu(九州大学・薬学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
炭化弗素イオンをC5F11COO^-に固定し、炭化水素イオンとしてCmH2m+1NH3^+(m=12,14,16,18)を持つイオン性界面活性剤4種類(C12F11,C14F11,C16F11,C18F11)を合成し、気/水界面における単分子膜状態を、表面圧/面積曲線及び表面電位/面積曲線(設備備品)を278.2-315.2Kの温度範囲で測定をした。これらの膜形成物質を純水上に展開するとm=18以外は安定な膜を形成しなかった。そこで膜形成物質の下相への溶解を防ぐため濃厚電解質(4.4M NaCl)水溶液を下相として用いた。C16F11,C18F11の転移圧は測定温度によりそれぞれ種々に変化を示し,m=16に対して2つ、m=18に対し3つの相転移圧が観察された。転移圧の出現は,表面電位(表面双極子モーメント)の測定においても支持されている。しかし、C12F11,C14F11試料は上記の温度範囲では転移圧を示さなかった。また一定圧力下において、アルキル鎖が短くなるに従ってπ-A等温線は広い面積に移行している。Alkylammonium perfluorohexanoatesにおいて、対イオンの炭化弗素鎖長が十分長くないので、表面電位は平均分子面積の減少に伴って、ゼロ付近から小さな突起を経由し(m=14,m=18を除いて)正の値へと単調に変化した。殊にC18F11のΔV挙動は際立っておりC18F11のΔVの絶対値(約600mV)は他の塩(C12F11,C14F11,C16F11)のそれらの値と比べて2〜3倍大きな値を示す。μ_⊥-Aについても同様なことが言える0.35nm^2以下の面積で、炭化水素鎖長が長くなるにつれて,表面双極子モーメントが鎖長順に増大している。以上これらの結果及び、相図と熱力学量との間に明確な対応関係が存在し、単分子膜の状態が明かとなった。更に表面電位の測定結果より、膜の配向が明かとなった。これとは別に炭化弗素鎖と炭化水素鎖の相互作用を考慮するため、それらの脂肪酸の混合単分子膜の実験を行い、鎖長の組み合わせにより、共沸混合系、共融混合系、全く混じり合わない系に分類された。また上記の基礎データーをもとに2次元動的過程の解析を展開した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
フッ素化学入門 : 基礎と実験法 by 日本学術振興会フツ素化学第155委員会
8
先端テクノロジーに果すフッ素化学の役割 by 日本学術振興会; 日本学術振興会フツ素化学第155委員会
9
基礎と応用の最前線 by 日本学術振興会; 日本学術振興会フツ素化学第155委員会
11
フッ素化合物の合成法 by 日本学術振興会フツ素化学第155委員会; 日本学術振興会
12
米国におけるう蝕の予防とコントロールのためのフッ化物応用に関する推奨 by Centers for Disease Control; United States. Dept. of Health and Human Services; 日本口腔衛生学会フッ化物応用研究委員会; 荒川, 浩久; 田浦, 勝彦
7.
フッ素化学入門 : 基礎と実験法 by 日本学術振興会フツ素化学第155委員会
8.
先端テクノロジーに果すフッ素化学の役割 by 日本学術振興会; 日本学術振興会フツ素化学第155委員会
9.
基礎と応用の最前線 by 日本学術振興会; 日本学術振興会フツ素化学第155委員会
11.
フッ素化合物の合成法 by 日本学術振興会フツ素化学第155委員会; 日本学術振興会
12.
米国におけるう蝕の予防とコントロールのためのフッ化物応用に関する推奨 by Centers for Disease Control; United States. Dept. of Health and Human Services; 日本口腔衛生学会フッ化物応用研究委員会; 荒川, 浩久; 田浦, 勝彦