癌遺伝子を標的とした化学分子による癌治療

閲覧数: 12
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

癌遺伝子を標的とした化学分子による癌治療

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Effect of Antisense oligo nucleotide complmtary to oncogeus.
責任表示:
西田 純一(九州大学・生体防御医学研究所・助手)
NISHIDA Jun-ichi(九州大学・生体防御医学研究所・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
子宮頚癌はその90%以上にHPVゲノムが検出され、E6/E7領域は常に保持されてる。このため、E6/E7遺伝子を標的としたホスホロチオエ-ト型ASにより細胞増殖の抑制がもたらされることが期待される。本研究では1.細胞増殖特性におよぼすASの効果、及び2.ASの高機能化を目的として研究を行った。 HPV陽性子宮頚癌細胞株、SiHa、C4II、HPV16型フルゲノムを導入した正常ヒト角化細胞PHK16を解析の対象とし、E6/E7遺伝子に対するホスホロチオエ-ト型アンチセンスオリゴDNA(AS)を作成した。コントロール細胞として正常ヒト角化細胞(NHEK)、HPV陰性子宮頚癌細胞株C33aを用いた。5mMのASの投与により、PHK16、C4IIでは著明な増殖抑制効果が観察されたが、SiHa細胞、C33a、NHEK、では増殖抑制効果は認められなかった。E7蛋白量はPHK16ではAS投与により著明に減少していたがSiHa細胞では減少の程度は軽微であった。AS特異的にE6/E7発現を抑制することにより、細胞増殖抑制することが可能であることが判明した。SiHa細胞におけるASの取り込みは、保たれていた。従ってSiHa細胞においては、ASと標的遺伝子との結合の脆弱性がAS効果の観察されない原因となっていると考えられた。そこで、ASの標的mRNAへのハイブリダイズをより強固にするために、ソラーレン結合型AS(PS-AS)を作成した。PS-AS0.5mM添加により細胞増殖の完全な抑制が観察された。コントロールとして用いたNHEKには増殖抑制効果は観察されなかった。しかし、PS-ASはHPV陰性子宮頚癌細胞株C33a細胞にもSiHa細胞と同様の増殖抑制効果を示し、また、コントロールPS-AS(ナンセンスオリゴ)添加によっても同様であり、ソラーレン自体の毒性によるものと考えられた。NHEKは、ソラーレンの毒性に対する域値が高いため、増殖抑制が観察されなかったと推測される。 本研究では、HPV E6/E7に対するASの有用性が明らかにされた。しかし、細胞により標的遺伝子産物発現の抑制の程度が異なり、ASの高機能化の必要性が示された。そのため、ソラーレン結合型ASの効果を検討したが、ASの特異的効果より、ソラーレン自体の毒性が強く発現される結果となった。従って今後はソラーレン毒性に対する防御或いはPNA等のASの特異的効果を高める物質の開発を進める必要性があると考えられる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
癌化におけるHPVE7の役割 by 西田 純一; NISHIDA Jun-ichi
3.
癌化におけるHPVE7の役割 by 西田 純一; NISHIDA Jun-ichi