ホスホエノールピルビン酸(PEP)の肝障害時肝エネルギー代謝改善効果の基礎的研究

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホスホエノールピルビン酸(PEP)の肝障害時肝エネルギー代謝改善効果の基礎的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Phshoenol/pyruvate prevents the decline in hepatic ATP and energy charge afte ischemia and reperfusion injyury in rats
責任表示:
山口 幸二(九州大学・医学部・助手)
YAMAGUCHI Koji(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1997
概要(最新報告):
ホスフオエノールピルビン酸(PEP)は解糖系の最終段階の高エネルギー代謝産物で、ピルビン酸カイネースにて乳酸に変換される。1モルのPEPより1モルのadenosine triphosphate(ATP)が産生される。今回の検討はラット肝の虚血再還流後早期の肝エネルギー代謝へのPEPの効果を検討した。ウィスター系雄性ラット(250-350g)を二群に分けた。2分の再還流を間に挟んだ15分2回合計30分の虚血後再還流に際し門脈よりPEPとブドウ糖(400mmo1/1tter,PH7.4)を2.5m1/300g body/5minで注入した。注入前、注入直後、5分後、10分後、30分後動脈血、肝組織を採集した。2回の虚血時肝ATP,total adenine nucleotide(TAN)は9.10±0.50と14.06±0.29から0.99±0.50と10.86±0.42mmole/g 1iverまで減少し(P<0.05)、一方adenosine monophosphate(AMP)は1.18±0.15から8.47±0.66mmo1e/g 1iverまで上昇した(P<0.05)。肝エネルギーチア-ジ(EC)は0.78±0.002から0.16±0.003まで減少した(P<0.05)。血清ピルビン酸と乳酸は1.18±0.15と18.4±0.52から3.29±0.52と72.6±4.8mg/d1まで増加した(P<0.05)。PEPもしくはブドウ糖5分注入後、ATPはPEP群でブドウ糖群よリ有意に高かった(4.08±0.58μmole/g liverと2.20±0.45μmole/g liver,P<0.01)。一方AMP濃度はPEP群はブドウ糖群より有意に低かった(4.26±0.66μmole/g liver vs 7.02±0.71μmole/g liver,P<0.01)。ECも有意にPEP群で高かった(0.493±0.051 vs 0.293±0.042μmole/g 1iver,P<0.01)。虚血10分後ATP,TAN,ECはPEP群でブドウ糖群よりまだ高かった。しかし、有意差はなかった。虚血後30分ではこれらの値は両グループ間で同様であった。虚血5分、10分、30分後、血清ピルビン酸値はPEP群はブドウ糖群より高かった。これらの結果よりPPEPが速やかに乳酸に変換されその際産生されるATPが虚血再還流早期の肝細胞のエネルギー代謝障害を回復する事が示唆された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
2,2ʼ,3,4,4ʼ,5,5ʼ-七塩素化ビフェニル(CB180)の動物肝ミクロゾームによる代謝 by 太田, 千穂; Ohta, Chiho; Ota, Chiho; 原口, 浩一; Haraguchi, Koichi; 加藤, 善久; Kato, Yoshihisa; 遠藤, …
8
2,2',3,4',5,5'-六塩素化ビフェニル(CB146)のin vitro代謝の動物種差 by 太田, 千穂; 原口, 浩一; 加藤, 善久; 遠藤, 哲也; 古賀, 信幸; Ohta, Chiho; Haraguchi, Koichi; Kato, Yoshihisa; Endo, Tetsuya; Koga, Nobuyuki
1.
2,2ʼ,3,4,4ʼ,5,5ʼ-七塩素化ビフェニル(CB180)の動物肝ミクロゾームによる代謝 by 太田, 千穂; Ohta, Chiho; Ota, Chiho; 原口, 浩一; Haraguchi, Koichi; 加藤, 善久; Kato, Yoshihisa; 遠藤, …
8.
2,2',3,4',5,5'-六塩素化ビフェニル(CB146)のin vitro代謝の動物種差 by 太田, 千穂; 原口, 浩一; 加藤, 善久; 遠藤, 哲也; 古賀, 信幸; Ohta, Chiho; Haraguchi, Koichi; Kato, Yoshihisa; Endo, Tetsuya; Koga, Nobuyuki