マウスにおける薬剤誘導性免疫寛容の普遍的導入とその大動物への応用

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

マウスにおける薬剤誘導性免疫寛容の普遍的導入とその大動物への応用

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Induction of drug induced tolerance in mice and application for large animals
責任表示:
富田 幸裕(九州大学・医学部・助手)
TOMITA Yukihiro(九州大学・医学部・助手)
斧田 幸裕(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
平成7年度の検討から、本寛容系により誘導されるキメラ状態はリンパ球レベルのみであり骨髄レベルではないこと、皮膚片の代わりに心臓を移植した場合にはMHC抗原の違う組み合せにおいても永久に生着すること、MHC抗原のみ違う組み合せであるB10.D2(H-2^b)→B10(H-2^b)をdonor→recipienrの組み合せにおいて本寛容誘導系であるClonal Destructionは誘導されるが、キメラ状態の誘導は一時的であり、皮膚移植片の生着延長とキメラ状態の終焉に相関関係があることが判明した。 MHCの壁を越えた永久的なキメラ状態の誘導、免疫寛容の誘導を目指して改良されたプロトコールが平成8年度より検討を開始したSC+CP+BU+BMCsプロトコールでありこれによりB10.D2(H-2^b)→B10(H-2^b)をdonor→recipienrの組み合わせにおいてClonal Desuructionは誘導され、永久的なキメラ状態の誘導、皮膚移植片の生着がえられた。このことからMHCの壁を超えた薬剤誘導性免疫寛容modelがrodentにおいて実現の可能性が高まった。本研究で最終的に目指しているのは大動物での薬剤のみによる免疫寛容状態の普遍的導入低毒性プロトコールの開発であるが、今回の、マウスレベルではあるがMHCの壁を超える可能性が示唆されたことは大きな成果であると思われる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
薬剤誘導性免疫寛容系の基礎的臨床的展開 by 富田 幸裕; TOMITA Yukihiro
3
薬剤誘導性免疫寛容系の異種移植への応用 by 富田 幸裕; YUKIHIRO Tomita
1.
薬剤誘導性免疫寛容系の基礎的臨床的展開 by 富田 幸裕; TOMITA Yukihiro
3.
薬剤誘導性免疫寛容系の異種移植への応用 by 富田 幸裕; YUKIHIRO Tomita