広範囲肝切除に伴う温阻血/再灌流障害の新しい治療法:クッパー細胞阻害剤の有用性

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

広範囲肝切除に伴う温阻血/再灌流障害の新しい治療法:クッパー細胞阻害剤の有用性

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Boneficial Effect of Kupffer cell blochade on Preservation Liver Enjury
責任表示:
亀井 隆史(九州大学・医学部・講師)
KAMEI Takafumi(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
1)肝阻血によるクッパー細胞活性化の検討 WKAラットを用いて肝の部分阻血を行う。lateral lobe,及びcentral lobeを一定時間(15,30,45,60,80,100分)阻血し、血流再開60分後に阻血された部分肝のクッパー細胞を単離し、latex beads貧食能、TNF,IL-6,IL-8産生、プロスタグランデイン産生について検討した。latex beads貧食能、TNF産生は肝阻血により活性化されることが判明したが、その他のサイトカイン産生には有意差を認めなかった。 2)肝阻血による肝の形態学的変化及び、肝機能に及ぼす影響の検討 血流再開後に非阻血葉(central,caudate lobe)を摘出し、術後経時的に生存率、肝血流量、胆汁産生量、肝機能(GOT,GPT,ALP,LDH,Alb,T.BIL,NH3)を測定した。肝逸脱酵素の上昇と胆汁産生量の低下が動物の生存率低下と関係していることが判明した。レーザー血流計による肝血流測定は個体差のバラツキが大きく解析不能であった。 3)クッパー細胞阻害剤の効果 GdCl3(7mg/kg/day)を阻血の24,48時間前に静脈内投与し、1)、2)と同様の実験を施行したが、GdCl3は生存率を改善し、サイトカイン(TNF産生)を抑制することが判明した。 4)障害肝モデルの作製 肝毒であるdimethylnitrosamine(DMN)と四塩化炭素を用いた二つの肝障害モデルを作製し、同様の阻血実験を計画しているが、現段階ではデータは得られていない。来年度引続き行う予定である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
腹腔鏡下肝右葉切除後に発症した横隔膜ヘルニア嵌頓に対して腹腔鏡下手術を施行した1例 by 米村, 祐輔; Yonemura, Yusuke; 梅田, 健二; Umeda, Kenji; 神代, 竜一; Kumashiro, Ryuichi; 増野, 浩二郎; …
2
合成ペプチドによる塩基性線維芽細胞増殖因子の受容体結合阻害と血管新生の抑制 by 一宮 仁; ICHIMIYA Hitoshi; 牧野 剛緒; 佐藤 靖史; SATO Yasufumi; 古賀 明俊
4
Repeat Hepatectomy for Intrahepatic Recurrence of Cholangiolocellular Carcinoma by Maeda, Takashi; 前田, 貴司; Hashimoto, Koji; 橋元, 宏治; Ishida, Teruyoshi; 石田, 照佳; Yamashita, Yo-ichi; …
5
The Significance of Stroke Volume Variation During Hepatic Resection Under Infrahepatic Inferior Vena Cava and Portal Triad Clamping by Harimoto, Norifumi; 播本, 憲史; Matsuyama, Hiroyuki; 松山, 博之; Kajiyama, Kiyoshi; 梶山, 潔; Nagaie, …
6
Mirror Image Hepatectomy in a Patient with Situs Inversus Totalis by Uchiyama, Hideaki; 内山, 秀昭; Shirabe, Ken; 調, 憲; Yoshizumi, Tomoharu; 吉住, 朋晴; Ikegami, Toru; 池上, …
2.
合成ペプチドによる塩基性線維芽細胞増殖因子の受容体結合阻害と血管新生の抑制 by 一宮 仁; ICHIMIYA Hitoshi; 牧野 剛緒; 佐藤 靖史; SATO Yasufumi; 古賀 明俊
4.
Repeat Hepatectomy for Intrahepatic Recurrence of Cholangiolocellular Carcinoma by Maeda, Takashi; 前田, 貴司; Hashimoto, Koji; 橋元, 宏治; Ishida, Teruyoshi; 石田, 照佳; Yamashita, Yo-ichi; …
5.
The Significance of Stroke Volume Variation During Hepatic Resection Under Infrahepatic Inferior Vena Cava and Portal Triad Clamping by Harimoto, Norifumi; 播本, 憲史; Matsuyama, Hiroyuki; 松山, 博之; Kajiyama, Kiyoshi; 梶山, 潔; Nagaie, …
6.
Mirror Image Hepatectomy in a Patient with Situs Inversus Totalis by Uchiyama, Hideaki; 内山, 秀昭; Shirabe, Ken; 調, 憲; Yoshizumi, Tomoharu; 吉住, 朋晴; Ikegami, Toru; 池上, …
7.
腹腔鏡下肝右葉切除後に発症した横隔膜ヘルニア嵌頓に対して腹腔鏡下手術を施行した1例 by 米村, 祐輔; Yonemura, Yusuke; 梅田, 健二; Umeda, Kenji; 神代, 竜一; Kumashiro, Ryuichi; 増野, 浩二郎; …