IL-10・IL-4によるヒト単球機能抑制と抗炎症効果に対する分子生物学的検討

閲覧数: 23
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

IL-10・IL-4によるヒト単球機能抑制と抗炎症効果に対する分子生物学的検討

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Molecular analysis of anti-inflammatory effect of IL-10 and IL-4 on human monocytes
責任表示:
大塚 毅(九州大学・医学部・助手)
OTSUKA Takeshi(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
(1)マウス単球系細胞株におけるヒトIL-4レセプター遺伝子を安定変異株の樹立 IL-4作用の種特異性を利用して、マウス単球細胞株にヒトIL-4レセプター遺伝子を導入して安定変異株を作成した。この様な株化細胞では、ヒトIL-4がマウスIL-4と同程度にプロスタノイド、窒素酸化物(NO)、炎症性サイトカインの産生を抑制した。一方、抗IL-2レセプターγ鎖(Cγ)抗体ではヒトIL-4の作用阻害効果は弱く、IL-4レセプターの構成要素と考えられるCγ鎖の役割は、動物種あるいは細胞種において相違のある可能性が示唆された。(論文準備中) (2)Mφの組織特異的なIL-10に対する反応性 IL-10のNO産生に対する作用が、マウス腹腔のRMφとTGMφでは全く逆の反応性を示した。NO産生には内因性に産生されるTNF-αの重要性が指摘されていたが、RMφではIL-10が直接的にNO産生すると考えられた。また、調べた単球系細胞株6種類は、すべてRMφと同じIL-10に対する反応性を示した。以上から、IL-10に対する反応性は単球系細胞の分化段階・組織特異性によって規定されていると考えられた。(論文投稿中) (3)IL-4/IL-10によるJAK/STAT系の活性化の検討 IL-4/IL-10のヒト単球系細胞内でのシグナル伝達系のなかでJAK/STATの系を検討した結果、シクロオキシゲナーゼ遺伝子プロモーター領域に存在する(GAS)モチーフに対して、リポポリサッカライド(LPS)によってSTAT5が活性化されること、その活性化に際してLPSによって誘導されるGM-CSF産生が関与していることを明らかにした。(論文投稿中) 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
チロシンキナーゼシグナルの制御機構 by 吉村 昭彦; YOSHIMURA Akihiko
5
活性酸素生成酵素ファミリーNoxの調節機構 by 住本 英樹; SUMIMOTO Hideki
5.
活性酸素生成酵素ファミリーNoxの調節機構 by 住本 英樹; SUMIMOTO Hideki
9.
チロシンキナーゼシグナルの制御機構 by 吉村 昭彦; YOSHIMURA Akihiko