突発性発疹再罹患とHHV-6およびHHV-7との関連に関する研究

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

突発性発疹再罹患とHHV-6およびHHV-7との関連に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
楠原 浩一(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1997
概要(最新報告):
母親が成人T細胞白血病ウイルス(HTLV-I)のキャリアであるために生後3か月から24か月まで定期的(3か月、6か月、9か月、12か月、18か月、24か月)にHTLV-I抗体検査を受け、その際の血清が保存されていた人工栄養の小児12例のHHV-6抗体、HHV-7抗体を測定した。HHV-6抗体の陽転時期は、3〜6か月3例、6〜9か月3例、9〜12か月5例であり、24か月まで抗体陰性であった1例を除き全て12か月まで抗体陽転していた。このことは、12か月以降はHHV-6初感染例が少なく、この時期の突発性発疹症例にはHHV-6以外のウイルスが関与していることを示唆している。また、人工栄養の小児の12か月でのHHV-6抗体陽性率92%(11/12)は一般小児集団の12か月での抗体陽性率とほぼ同じであり、母乳がHHV-6の主要な感染経路ではないことを示している。一方、HHV-7抗体については、24か月までに陽転がみられたのは3例のみで、3例とも陽転時期は12か月〜24か月であった。このことより、HHV-7は12か月以前の突発性発疹よりも12か月以降の突発性発疹に関与していると考えられる。12か月以降の突発性発疹に再罹患例が多いことから、突発性発疹再罹患とHHV-7との関連が縦断的調査でも間接的に示されたことになる。なお、今回の検討ではHHV-6より先にHHV-7に感染したケースはなかった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

11
劇症型Α群レンサ球菌感染症の発症メカニズムの解明 by 齋藤 光正; 楠原 浩一; KUSUHARA Koichi
11.
劇症型Α群レンサ球菌感染症の発症メカニズムの解明 by 齋藤 光正; 楠原 浩一; KUSUHARA Koichi