Jones指数のエルゴード理論への応用研究

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

Jones指数のエルゴード理論への応用研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
濱地 敏弘(九州大学・大学院・数理学研究科・教授)
浜地 敏弘(九州大学・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995
概要(最新報告):
研究目的の二つの課題: ・エルゴードの変換の、有限なJones指数を持つ部分軌道の分類 ・非可換ベルヌ-イ変換の同型問題 について、前者は、標準的と言える共通の部分軌道が一意に存在することを見いだした。Jones指数有限の部分軌道の完全分類は、これを介して行えることが分かり、最終結果が得られたと思う。平成7年のBanach Center (Poland)のErgodic Theory and Dyanamical Systemsの報告集に掲載されているが、現在専門誌に投稿中である。 後者については、ベルヌ-イ変換の同型問題を有限コードの存在を示すことによって解決したことで知られるM. Keane (CWI)と共同して、非可換の設定で、エントロピーが不一致の場合に、エントロピーの小さい非可換ベルヌ-イ変換は、大きい方へ非可換準同型写像を通して埋め込めれることを証明した。理論は複雑であり、先ず基本的なamalgamation codeの場合に限った論文を現在投稿中である。一般の場合の証明は現在書き上げている途中である。 エントロピーが等しい場合は、もっとも魅力的な課題であり、これを次年度の一般研究(C)の研究課題「非可換力学系の解析」として申請し、取り組む。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
漸近推移的可測変換の作用素環への応用 by 濱地 敏弘; HAMACHI Toshihiro
7
古典力学のエルゴード問題 by Avez, A.; Arnolʹd, Vladimir Igorevich, 1937-; 吉田, 耕作
8
エルゴード理論入門 by 十時, 東生
9
エルゴード理論入門 by 十時, 東生
4
自由確率論と作用素環論の研究 by 植田 好道; UEDA Yoshimichi
10
エルゴード理論とフラクタル by 釜江, 哲朗; 高橋, 智
11
エルゴード理論とフォン・ノイマン環 by 伊藤, 雄二; 浜地, 敏弘
6
古典力学のエルゴード問題 by Avez, A.; Arnolʹd, Vladimir Igorevich, 1937-; 吉田, 耕作
12
確率論とエントロピー : エルゴード理論と情報量 by Billingsley, Patrick; 渡辺, 毅; 十時, 東生
1.
漸近推移的可測変換の作用素環への応用 by 濱地 敏弘; HAMACHI Toshihiro
4.
自由確率論と作用素環論の研究 by 植田 好道; UEDA Yoshimichi
6.
古典力学のエルゴード問題 by Avez, A.; Arnolʹd, Vladimir Igorevich, 1937-; 吉田, 耕作
7.
古典力学のエルゴード問題 by Avez, A.; Arnolʹd, Vladimir Igorevich, 1937-; 吉田, 耕作
8.
エルゴード理論入門 by 十時, 東生
9.
エルゴード理論入門 by 十時, 東生
10.
エルゴード理論とフラクタル by 釜江, 哲朗; 高橋, 智
11.
エルゴード理論とフォン・ノイマン環 by 伊藤, 雄二; 浜地, 敏弘
12.
確率論とエントロピー : エルゴード理論と情報量 by Billingsley, Patrick; 渡辺, 毅; 十時, 東生