明治期九州におけるプロテスタンティズムの伝播と受容

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

明治期九州におけるプロテスタンティズムの伝播と受容

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Propagation and Acceptance of Protestantism in Meiji Period Kyushu
責任表示:
坂井 信生(九州大学・文学部・教授)
SAKAI Nobuo(九州大学・文学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
1.本研究は明治期九州におけるプロテスタント・キリスト教の伝播と受容に関するものである.すなわち,新しい宗教体系であるプロテスタント・キリスト教が,明治期九州において,どのように伝播され,またどのような階層に受容されたか,が本研究の課題である. .聖公会,改革状およびメソジスト派は,禁教令撤廃後(1873年)に,本格的伝道活動に入り,まず長崎市中に教会を設立し,ついで神学クラスを設けて日本人伝道師を養成,そして長崎を拠点に九州全域に対する伝道に着手するのである.後発のル-テル派は佐賀を,バプテスト派は福岡を拠点に選び,神学クラスを設置して九州伝道に着手する.組合派は京都を拠点に九州伝道をはじめる. 3.これらの諸教状による九州伝道は,鹿児島,熊本,福岡といった九州の主要都市を主に対象としている.都市部は多くの人口が集中しており,農村部と比較して,相対的に新しい宗教体系で開かれているからである.その際,英語教育を主体とする私塾,学校を設立して伝道の一助とする傾向が多分にみられる.その中のいくつかは今日に至るまで存続している. 4.プロテスタント・キリスト教の明治期九州における受容層は,何よりも都市部の知的個人ということができる.とりわけ,学校関係者,青年として学生が中心であることは注目されよう.日本におけるプロテスタントが知識層の宗教であるとの特質は,すでに明治期九州においても顕著に観導されるのである. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
信仰の歴史 : キリスト教の伝播と受容 by 内島, 美奈子; 宮崎, 克則
10.
信仰の歴史 : キリスト教の伝播と受容 by 内島, 美奈子; 宮崎, 克則