コンクリート構造物用の高強度非磁性鋼の開発

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

コンクリート構造物用の高強度非磁性鋼の開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of High Strength Non-Magnetic Steels for Concrete Applications
責任表示:
高木 節雄(九州大学・工学部・教授)
TAKAKI Setsuo(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
本研究では,Fe-15%Mn2元合金で,加工誘起bccマルテンサイトの逆変態処理によってオーステナイトの結晶粒径を1μm以下まで微細化するプロセスを確立した.そして,この結晶粒径微細化により,本合金の降伏強度が0.8GPa程度にまで高められ(処理前:約0.2GPa),本合金がTPIP現象により十分な延性を有することも確認した.しかしながら,本合金では微量のひずみでも強磁性体のbccマルテンサイトが生成するので,完全な非磁性が要求される分野での使用には適さないことも明らかになった.そこで,一連のFe-Mn2元合金について,Mn量と組織の関係,ならびにhcp (ε)マルテンサイト変態の結晶粒径依存性をこれらの合金の機械的性質と関連づけて調査し,以下の結果を得た. (1)Mn20%以上添加した合金では,引張試験で破断するまで強磁性のbccマルテンサイトは生成しない.そして,Fe-20%〜27%Mn合金では,非磁性のεマルテンサイトが変形中に導入され,その結果,引張強さを大幅に増大させる. (2)しかし,結晶粒が粗大な場合(100μm程度),これらの合金は,板状のεマルテンサイトやオーステナイト粒界に沿った脆性的な破断を生ずる.このような脆性破壊を抑制するには,オーステナイト結晶粒を10μm程度にまで微細化しなければならいことも明らかとなった. (3)オーステナイト結晶粒径の制御と加工誘起ε変態の利用により,適度な延性を確保した状態で,1.1GPaを上回る高い強度を有する非磁性鋼を得ることに成功した. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
各温度環境下におけるフライアッシュコンクリート用添加剤を使用したモルタルの強度発現に関する研究 by 宮川, 美穂; 小山, 智幸; 岩城, 圭介; 石橋, 宏一郎; 片村, 祥吾; Miyakawa, Miho; Koyama, Tomoyuki; …
10
高靱性繊維補強セメント複合材料で補強された組積体の強度と靱性 by 山口, 謙太郎; 宮島, 昌克; 西山, 壮海; Zamani Ahari, Gholamreza; Yamaguchi, Kentaro; Miyajima, Masakatsu; Nishiyama, Hiromi
6
フライアッシュを外割混合した再生コンクリートの強度性状 by 陶山, 裕樹; Suyama, Hiroki; 小山, 智幸; Koyama, Tomoyuki; 小山田, 英弘; Koyamada, Hidehiro; 境, 一弥; …
12
フライアッシュ用添加剤を使用したモルタルの強度増進効果 by 宮川, 美穂; 岩城, 圭介; 西村, 正; Miyakawa, Miho; Iwaki, Keisuke; Nishimura, Tadashi
6.
フライアッシュを外割混合した再生コンクリートの強度性状 by 陶山, 裕樹; Suyama, Hiroki; 小山, 智幸; Koyama, Tomoyuki; 小山田, 英弘; Koyamada, Hidehiro; 境, 一弥; …
7.
各温度環境下におけるフライアッシュコンクリート用添加剤を使用したモルタルの強度発現に関する研究 by 宮川, 美穂; 小山, 智幸; 岩城, 圭介; 石橋, 宏一郎; 片村, 祥吾; Miyakawa, Miho; Koyama, Tomoyuki; …
10.
高靱性繊維補強セメント複合材料で補強された組積体の強度と靱性 by 山口, 謙太郎; 宮島, 昌克; 西山, 壮海; Zamani Ahari, Gholamreza; Yamaguchi, Kentaro; Miyajima, Masakatsu; Nishiyama, Hiromi
12.
フライアッシュ用添加剤を使用したモルタルの強度増進効果 by 宮川, 美穂; 岩城, 圭介; 西村, 正; Miyakawa, Miho; Iwaki, Keisuke; Nishimura, Tadashi