空力弾性テ-ラリング技術の超音速輸送機への応用に関する研究

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

空力弾性テ-ラリング技術の超音速輸送機への応用に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
STUDY ON APPLICATION OF AEROELASTIC TAILORING TO SUPER SONIC TRANSPORT
責任表示:
磯貝 紘二(九州大学・工学部・教授)
ISOGAI Koji(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1995-1996
概要(最新報告):
本研究は、複合材の著しい特徴である異方性(強さや剛性が繊維の方向によって異なる性質)を積極的に利用して、航空機の翼の空力弾性特性(フラッタと呼ばれる破壊的な自励振動等)を大幅に向上させる(例えば、フラッタの起こりにくい翼を設計する)技術、すなわち、空力弾性テ-ラリング技術を、次世代の超音速輸送機の主翼に適用するための技術を確率することを目的とする。特に本研究では、次世代の超音速輸送機の有力候補であるアロ-ウイング(矢型翼)に研究の対象をしぼり、次のような成果を得た。 アロ-ウイングの複合材構造に対する強度/振動/空力弾性解析を実施するための解析コードを開発し、まず、翼外皮が擬似等方性積層構成を持つ機体に対する強度/空力弾性設計を行い、燃料満載時の対称モードのフラッタが最も厳しくなることを示すとともに、完全ポテンシャル方程式に基ずく数値シミュレーションコードを用いた解析を行い、その機体の遷音速におけるフラッタ特性を明らかにした。次に、翼外皮の積層構成(繊維方向および各層の厚み比)をパラメトリックに変えることによって、空力弾性テ-ラリングの効果を検討し、90°層を強化した積層構成によって約10%のフラッタ速度の向上を実現できることを示した。しかしながら、この効果は当初期待した程の効果ではなく、現在開発を進めている最適設計コードによるさらなる検討が必要であることから、最後に、最適設計コードの概要について言及した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
超音速の流れ学 by 久保田, 浪之介
12
PC斜張橋の耐風性に関する総合的研究 by 中村 泰治; NAKAMURA Yasuharu
4.
超音速の流れ学 by 久保田, 浪之介
12.
PC斜張橋の耐風性に関する総合的研究 by 中村 泰治; NAKAMURA Yasuharu